さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 初バレエ | トップページ | ウィル@吟遊詩人 »

2006年1月 7日 (土)

苦しい夢のパターン

というのがいくつかあるんですが。
今朝のは、

バスが来ない。

でした。
場所は故郷のどこか。
なぜか田舎の同級生と、行き先も乗り場もはっきりわからなくて、どうやら1日1便(爆)と判明したところで、近くのファミレスで時間つぶそうということに。
でもありえないほど満席で、バラバラに相席にされ、、、たところで目が覚めました。
何なんだ?これ。
一応初夢?になるのかな。少なくとも覚えてる夢としては。
なんか非常に不安な年明けを象徴するような(笑)

これは「行き先はわかってるけど行き方がわからない」シリーズで、待ってるバスが来ない、または乗ったバスが正しい行き先に行くのかどうかわからない、ということが多いです。バス、なんですね。電車でも飛行機でも車でもなく。子どもの頃バスに弱くて必ず気分が悪くなっていたトラウマでしょうか。

この他、一番頻繁に見る苦しい夢は、

トイレに入れない。

ドアが壊れてるとか、ドアがないとか、汚くて、とか。
これはけっこう状況わかってて、たいてい実際にトイレ行きたいとき(笑)

あと最近あんまり見ませんが、一番苦しいのが

電話ができない。

番号がわからない、電話のダイヤルが回せない、とか。
ダイヤルがきれいにスライスされて並べられたばら肉だったことも。そりゃ回らないでしょ。
ダイヤルなんて実際に回す機会は今では皆無に近いのにね。

あとは、学校でこれから試験なのに全然勉強してなかった(当たり前だ)ことに気づくとか。
舞台やスケートで振付忘れた、というか全然練習してないし、っていうのもありました。
夢の中で突然現実の意識が戻って青ざめるってパターンが多いかな。

もっと楽しい夢見たいよ~。
楽しい夢ってあんまりおぼえてないんだよね。なぜだ?

« 初バレエ | トップページ | ウィル@吟遊詩人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しい夢のパターン:

« 初バレエ | トップページ | ウィル@吟遊詩人 »