さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 功名が辻、第3回 | トップページ | トリノへ、着々 »

2006年1月22日 (日)

ワールドプレミア1周年

去年の今日でしたね。アダム・クーパー「危険な関係」初演。

緞帳は上がったまま、白い薄幕が風圧を受けてふわりと浮き上がる、その向こうにかすかな蝋燭のゆらめき、油煙の匂い、不安をかき立てるようなギロチンの効果音。
期待と不安でドキドキしながら開幕を見つめた、あの緊張感は今でも鮮明におぼえてるのに、もう1年前のことだなんて。

「Promises, Promises」も昨日公演終了しました。

ちょっとワーカホリックなくらいずっと忙しく走ってきたから、ここらで十分な充電期間を置くのも悪くはないと思うけど、いつも何か新しいことに挑戦するのが好きなアダムのことだから、またきっとわたしたちをびっくりさせるようなニュースを届けてくれると信じて待ってます。

そんなに長く踊らずにいられないでしょう?
ほ~ら、あなたはだんだん踊りたくなる~。(催眠術かい)

下の記事にシェヴァさんがコメント付けてくれましたが、いちおう元気で生きてはいるらしい。シェヴァさん、貴重な目撃情報をありがとうございました!

« 功名が辻、第3回 | トップページ | トリノへ、着々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドプレミア1周年:

« 功名が辻、第3回 | トップページ | トリノへ、着々 »