さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« SHIROH 再び | トップページ | マインドハンター »

2006年2月 2日 (木)

「白夜行」第4回

そろそろ気が緩んできた?
今日はタイマー忘れたので、焦って帰宅。9時15分くらい?ルドルフがちゃんと録画開始してくれてました。気がきくじゃん。っていうか、そこまでして見るほどのものとも思えないのだが、こうなりゃ、意地というか(笑)

最初の5分ばかし逃したおかげで奈美江のエピソードの話が見えない。前回死亡工作に成功した亮司、松浦も感嘆するほどワルぶりが板についてきた。と、思いきや、最後雪穂の前で突然情けなく泣き出す。(お~い)で、な、な、なんですか??そのカラミシーンは(爆)それだけはありえないというか。だから、そういう関係じゃないっつうてるのに。
大学生になった雪穂、未来のダンナさま、塩瞬やっと登場。ん~、その髪型はちょっと。
今日はちひろちゃん(江利子)と柏原(篠塚)の係わりはなしか~、とつぶやいたらルドルフが「さっきちょっとあったじゃん、雨の途中」というので巻き戻してみたら、ほんとだ~。篠塚が雨の中歩くちひろちゃんを笑顔で見てるというカットがほんの一瞬。よく見てる!
来週、雪穂の嫉妬炸裂恐ろしいことに。

公式サイトに渡部篤朗のインタビュー掲載。さすがにみなさん、プレッシャーすごそう。

« SHIROH 再び | トップページ | マインドハンター »

コメント

塩谷君、映画の撮影で髪を短くしたそうです。
だからしょうがないんじゃないかな?
やっぱり役者ですから。
まぁご本人も長い方が好きだそうですので
また元の髪型に戻すと思いますよ☆

>TORIさん
こんにちは、いらっしゃいませ。
そうなんですか~?
教えてくださってありがとうございます。
まあ、あの短髪でも、雪穂の正体に気づきもしない人のいいぼっちゃん風ではありますけどね(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「白夜行」第4回:

« SHIROH 再び | トップページ | マインドハンター »