さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« ワールド&世界ジュニア | トップページ | ジャック・ワイルド »

2006年3月 3日 (金)

純情きらり

NHKふれあいホールにて、この4月から放映されるテレビ小説「純情きらり」のモニター会(試写会)を見てきました。主役の宮崎あおいの舞台挨拶があると聞いて応募したら当たったので。
昭和初期、愛知県岡崎市を舞台にしたドラマで、主人公は音楽を愛しピアニストを目指す女の子ですが、父母の死や戦争によって夢やぶれながら懸命に生きた姿を描くそうです。
NHKお約束の戦前戦後をはさむ一代記?らしいのですが、モニター会ではその第1週目6話分(90分)を一挙上映。ほとんどがまだ子役時代で、宮崎あおいは最後の1話に登場。

感想としては、可もなく不可もなく、ああ、やっぱりNHKなのねという印象。<なんだそりゃ
主役より、回りを取り囲む人々の方に個性豊なキャラクターが多くて楽しい。
特に出戻り叔母さんの室井滋と、地元の名士、戸田恵子がいいです。今日はまだチラッとピアノ演奏シーンがあっただけのピアニスト長谷川初範(役名に笑)も今後主人公に影響与えそう。

まっ、まだ始まってないし^^;

宮崎あおいは初めて見たときの印象(赤井秀和の娘役だったんだけどタイトル忘れた)が鮮烈だったのと、お水のCMシリーズでの演技にうならされたので、注目している女優さんです。
最近では映画「NANA」、舞台「星の王子様」などで名前を見かけてましたが、残念ながらいずれも未見。
朝ドラ出身でバケた女優さんは多いので、期待してます。
もっとも最近のテレビ小説、「ふたりっ子」以来がんばって続けて見ようという意欲をわかせてくれる作品にまだ出会ってません。

おみやげにどーもくんのクリアファイルとテーマ曲のデモCD(大島ミチル:曲、長谷川陽子:チェロ)を配ったりして(初めてだそうです)NHKさんも信頼と支持回復に必死です。プレゼントより良い番組作りが何よりの挽回策だと思うんですけどね。

追記:
肝心の舞台挨拶のこと書いてませんでした。
いや、あんまりおもしろい話はなかったので ^^;
終映後の8時半頃、スタジオ収録終えてかけつけたあおいちゃん、ほぼすっぴん(!)でした。もう今は5月頃放映分を撮影中だそうです。岡崎ロケから始まり、10ヶ月の撮影期間、長いと思ったけど始まっったらあっという間だったとか、長丁場なので食事と体調管理には気をつけてるとか、仕上がりは2週目分まで見たとか、何か他にあったかな?
どうせなら撮影中のおもしろいエピソードとか、他の出演者とのからみとか、司会者(NHKのプロデューサーさんらしい)ももっと突っ込んでくれれば、と思ったけど、撮影後で疲れてるかと気を使ったのかな?

司会の方がおっしゃってましたが、愛知が舞台になる朝の連ドラ初めてだそうです。けっこう地方が舞台になってきたのにこれは意外でした。
ちなみにわたしの故郷も2回。

ところで当日は日本アカデミー賞の授賞式でした。
あおいちゃん、NANAでノミネートされてるかと思い、ハシゴなら大変、とか思ってたら、なんと中島美嘉が主演女優賞にノミネートされただけなんですね。中島美嘉も初めてドラマ(川島なおみの娘役だった、タイトル忘れた;そんなんばっかり)で見たときは歌のうまさとその存在感に圧倒されたものですが、演技力っていうのとはちょっと違うような気がしてたのでやや意外(失礼;)

それはそうと、吉永小百合さん、おめでとうございます。
「三丁目の夕日」はそれ以外全部門を制覇。これまたおめでとうございます。

授賞式ニュース。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200603/gt2006030401.html

« ワールド&世界ジュニア | トップページ | ジャック・ワイルド »

コメント

こんにちは、はじめまして。
今度の連続テレビ小説は宮崎あおいが主役をするんですか?ちょっとびっくりしています。今までほとんど無名の人がしていますよね。宮崎あおい側も受けるなんて以外です。

>ユウさん、いらっしゃいませ!初めまして。
同じデザインブログ仲間ですね ^^
よろしくお願いします。
そうですね、無名の新人女優の登竜門というイメージが強いですよね、朝のテレビ小説って。
それだけNHKも起死回生かけてがんばってるってことなのかな。
そのわりには脚本がいまいち…。
まあ、始まってみてからのお楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 純情きらり:

« ワールド&世界ジュニア | トップページ | ジャック・ワイルド »