さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« やっとおわった | トップページ | なんで今ごろ »

2006年3月24日 (金)

男子最終結果

今チェックしてきました。すげ。
http://www.isufs.org/results/wc2006/CAT001RS.HTM

1 Stephane LAMBIEL     SUI 274.22
2 Brian JOUBERT     FRA 270.83
3 Evan LYSACEK     USA 255.22
4 Nobunari ODA     JPN 251.21
5 Emanuel SANDHU     CAN 249.89
6 Jeffrey BUTTLE     CAN 241.59
7 Johnny WEIR     USA 235.57
8 Alban PREAUBERT     FRA 230.95
9 Chengjiang LI     CHN 229.03
10 Ilia KLIMKIN     RUS 227.78

ステファンやっぱり強かった。2連覇おめでとう!
織田くん、惜し~~。でもりっぱ!
でもこれはエヴァンくんががんばったと言うべきか?
ブライアンも復活おめでとう。
みんなお疲れ様~。今晩録画チェック楽しみに。

来年のロシア2枠、、、大丈夫かな?かろうじて。

« やっとおわった | トップページ | なんで今ごろ »

コメント

毎度どうも~
今日は偶然週休でフジテレビみてました。
昨夜、録画をみるの楽しみにしてたのにやっぱり女子以外の映像少なくてがっかりしてたので、エバン君からやってくれてよかった~
エバン君のメリハリのあるバランスのとれたプログラム好きだし点もでるけど、これからは4回転複数決めないとトップは狙えないのかなぁ
←これは織田くんにもいえる
ジュベールもランビエールもジャンプ素晴らしかったけど、どうもジャンプに比べて他の要素が力抜けてみえてしまうのよね~まぁどこかで休まないと体力続かないんだろうけど、もう少し力いれてやればもっと素晴らしいステップやスピンがみれるのに・・・と思ってしまう私は鬼ファン?
ジョニー君ががんばって4回転飛んだのはいいけど後半のジャンプで転倒のあと気持ちも切れてしまってキスクラでは下むいたまま(T_T)故障がつらいのかな、なんかこのままやめてしまいそうなくらい痛々しい・・・お姉さんたちはすごく心配です(爆)
解説の伊東みどりさん、痩せた?でもキャラがなんか松野明美さんみたくなってない?^^;

テレビ放映見たのであらためまして。
確かに全体的に詰め込みすぎっていうか、滑って跳び滑って跳び、みたいな慌しさ感ありますよね。
わたし的には4年前長野の善光寺で見た「トリプルアクセルが跳べるように」(切実)という絵馬を書いた某選手が今やトリプルアクセルも4回転も跳んでるのを見て感無量でした。
もうみんなクワド入れてきますね。
ジョニーくん、無理しなければよかったのに、とも思うし、あのくらいの勝気がないと選手なんかやってられないよね、とも思うし複雑です。演技やめないでよくがんばりました。
みどりちゃん、思い出のカルガリーだからいろいろ胸に去来することはあると思うけど、自分の話は一切しないのね。妙なところに感心。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子最終結果:

« やっとおわった | トップページ | なんで今ごろ »