さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« ナルニア国物語の世界展 | トップページ | FMラジオ MY OLYMPIC »

2006年3月19日 (日)

ごめんね、フィリップ

P.キャンデロロの「ご飯一杯」発言について、メールいただきました。
それによると、どうも真意が伝わらないままの謝罪騒ぎだったみたいなのです。
発言の原文を教えていただきました。(わたしも探したんですがみつけることができませんでした)

Je pense qu'elle aura droit a un bon bol de riz ce soir !

これをネット翻訳で英語にしてみると。

I think that it will have right has a good rice bowl this evening!

直訳ですが、

「彼女は今晩おいしいご飯を一杯食べる権利があると思うよ」

これはフランス語のわかる方にもチェックしていただきましたので、間違いないと思います。

ねえ、これって全然侮辱的でも何でもないじゃないですか??
単に金メダルとってやっとリラックスして食事を楽しめる、そういうコメントですよね?
http://www2.asahi.com/torino2006/news/TKY200603150360.html
「日本スケート連盟の代理人」という弁護士さんが何を懸念してクレームつけたか知りませんが、それをまた鵜呑みにして謝ったテレビ局もテレビ局だが、わけわかんないまま報道されたニュースに対して、フィリップのことだから、と笑ってたわたしもわたし。ごめん、フィリップ。
日本であれだけ人気のあった(過去形なのが寂しい)フィリップが、一緒にアイスショーに出たこともある荒川さんに対して、悪意のある(あるいはそう受け取られかねない)コメントをするはずがないよね。
信じきれなかったわたしを許してね。

それにしても本人なんで何も言わなかったのかな?
一言誤解だって言ってくれたら済むことなのに。弁明の機会を与えられなかったのかな?
テレビ局もよくよく確かめもしないで謝罪してしまうのもどうかと思う。
ソルトレイクのときの、とにかく騒ぎを収めろ的に2つ目のメダルが与えられてしまった後味の悪さがよみがえってしまったよ。

« ナルニア国物語の世界展 | トップページ | FMラジオ MY OLYMPIC »

コメント

フィリップ発言の件、フランス語ネイティブに確認することができました。

スケートのこともフィリップのことも知らない人なので、まず「日本選手のすばらしい演技のあとの実況コメント」とだけ説明して発言の原文を読んでもらい、差別的印象・ネガティブなイメージを受けるかどうか聞いてみました。
「ぜんぜん。どうして?よくがんばったね、って賞賛の言葉としか思わない」そうです。

そこでこんなことがあったんですよ、とFrance2が弁護士を名乗る人物の抗議をうけて日本大使館に謝罪したことを説明したら、まったくばかげていて理解できない、と言っていました。

中立な立場でliterallyに読んでみても何も問題発言ではない、という理解で正しいようです。ちなみに、un bon bol de riz のbon はたっぷり、と美味しい、の両方のニュアンスを出している、とのことでした。

キャンディリアさん、フォローありがとうございます。
そうですよね~、やっぱり。
一度誤った情報のままマスコミに流れてしまうと、打ち消すのは難しい(ソルトレイクジャッジ疑惑同様)と思いますが、地道に援護していきましょう。

bonの使い方、英語の goodと同じですね。
「おいしい」って入れたつもり(下書きにはそう書いてあった)だったのに消えてたので書き直しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ごめんね、フィリップ:

« ナルニア国物語の世界展 | トップページ | FMラジオ MY OLYMPIC »