さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 役者人生って | トップページ | ピナ・バウシュ »

2006年4月16日 (日)

19年目のレミゼ・デビュー

Lesmiserable060415_2 「レ・ミゼラブル」公式サイト
日生劇場
2006年4月15日(土) 17:00~20:15
キャスト:
ジャン・バルジャン:別所哲也
ジャベール:鈴木綜馬
エポニーヌ:新妻聖子
ファンテーヌ:シルビア・グラブ
コゼット:河野由香
マリウス:泉見洋平
テナルディエ:駒田一
テナルディエの妻:瀬戸内美八
アンジョルラス:岸祐二
ガブローシュ:大久保祥太郎
リトル・コゼット:福田夏未
リトル・エポニーヌ:藤井結夏

初演1987年、話題の舞台をいつか見よう見ようと思いながら、いつでも見られるつもりでいたら結局一度も見ないまま今日まで来てしまいました。
だからわたしの中では、ジャン・バルジャンとジャベールは鹿賀さんと滝田さんだしマリウスは野口五郎です。コゼットが斉藤由貴でエポニーヌは島田歌穂、ファンテーヌは岩崎宏美。だよね?我ながらよく憶えてた。それだけ気になってたってことか。

今朝所用(笑)で新潟から帰ってきたばかりで、少し寝たとはいえかなり疲れた状態で見たことを割り引いてみても初レミゼ、大変よかったです。いや、すごくよくできてるな、あの長く複雑な原作をよくまとめたな~とすっかり感心してしまいました。楽曲も素晴らしいし、キャストもそれぞれ歌唱力、演技力とも申し分なし。
実はユゴーの原作は小学生のときに読んで、初めて泣いた本なので、つまらないはずはないけどやっぱりどうなんだろう?って。ナルニアもそうだけど、思い入れのあるというか、好きすぎる原作の別メディア作品を見るのって一抹の不安があるもので。
でも杞憂でした。

すみません、あともうちょっと書きかけなんですが、眠いのでまた明日。
あ~、あと留守の間にコメントありがとうございます。レスちょっと待ってね。

結局ワールドのEX最後まで見ちゃったわ。

Minakoliveforlife 本田美奈子ちゃんの願いをこめた白血病撲滅のための募金箱が置かれていました。参照サイト:Live for Life

« 役者人生って | トップページ | ピナ・バウシュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19年目のレミゼ・デビュー:

« 役者人生って | トップページ | ピナ・バウシュ »