さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« アダム日記更新 | トップページ | お願いだから »

2006年4月19日 (水)

プリマダム第2回

そうか、そうか、中森明菜は心臓病なのか。
だから踊れないっていう設定なのね。うまくやったというか(笑)
最後まで踊らないのだろうか?

うのちゃんはさすが、姿勢がきれいだ。

ちょびっとだけど初回の小林くんピルエットシーンが見られてうれしかった。

古田さんは、普通のオヤジだったな。<何を期待したのだ

それにしても脚本ひでーな(- -)

« アダム日記更新 | トップページ | お願いだから »

コメント

いちいち反応してすみませんm(__)m
だって~ホントに○本ひどいんだもん!

自分が妻やってたのはもう前世と思えるほど昔だし、自分の周りには旦那が気の毒になるような妻しかいないから(笑)わからないのかもしれないけど、今時、あんな夫(というかそれを許してる妻も)、いるんですかぁ でも、あんな子供はいそうだからあんな夫婦もいるのかな(爆)

あと、中森明菜!人がなにしようと関係ないじゃん。でも、世の中には自分には関係ないのに人のすること許せない輩って意外といるんですよね。夫婦別姓法案(その後どーなっちゃったの?)に反対する人とかにすごく感じたんだけど、自分は選ばなくても選択肢があると自分の選択に自信がもてなくなる心理なのかしら?優位性のためではなく、選択肢がなくて困っている人が助かる道を作るだけなのに・・・

それにしてもこのドラマが始まってますます「バレエやってる」と言えなくなったプリマダム増えてませんか?はっきりいってあんなに美しくて、上級な踊りのできる人たちは普通のバレエ教室にはほとんどいません!あの方たちをモスラと言われたら私らはほんとに罪な存在ですぅぅ(T_T)

すみませ~ん。コメント遅くて。
そうですね~。わたしも町のバレエ教室にしばらく通って挫折しましたが(笑)、そこはちょうどドラマの教室みたいに生徒のレベルの差が激しくて先生かなり苦労してました。
黒木瞳、最後の場面で突然うまくなってましたね ^^;;
そこそこ運動神経のある人とか、元々いくらか素養のある人だと恰好つくの早いのかもね。

中森明菜のセリフにはわたしもいちいち突っ込みたくなります。なんであんなキャラ設定なんだろ。わざと憎まれ役をかって出てるのかな??

夫婦別姓法案がどうなったのかわたしも知りたいです。立ち消え?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリマダム第2回:

« アダム日記更新 | トップページ | お願いだから »