さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 田園都市線渋谷駅で大友克洋?! | トップページ | 19年目のレミゼ・デビュー »

2006年4月13日 (木)

役者人生って

「ライフ・イン・ザ・シアター」
2006年4月13日(木) 19:00~20:50

世田谷パブリックシアター
出演:市村正親、藤原竜也

1時間50分、途中休憩なし。長く感じるかと思ったけどあっという間でした。
ベテラン俳優と新進気鋭の若い俳優、二人だけのお芝居。
セットは楽屋や舞台裏を中心に、淡々とオムニバス調で進みます。
ネタバレしないように細かい内容は今日は書かないでおきますが、市村さんの凡庸なベテラン俳優と、藤原くんの才気あふれる新人俳優の会話は、実際にも30歳以上年の離れた役者どうしである二人だけに真に迫って(どこまで本気?!)笑えたりしんみりしたり。おもしろかった~。
もう一回くらい見てみたいかも。
わたしは追加発売の補助椅子だったんだけど、見切れることもなく十分楽しめました。
立ち見も出てましたね。

プログラムは1部1500円。舞台写真版と稽古場写真版と2冊ありました。両方買ってる方もけっこういました。トートバッグとセットだと1800円。
他にTシャツが各種2000円。サイン入り切手シート(値段チェックしてこなかった)。
あとは「デスノート」の前売り鑑賞券。1枚1300円、前後編セットで2600円、おまけにポストカード付き。

参考リンク集:
オフィシャルブログ
イープラスの市村正親&藤原竜也インタビューと動画コメント
その取材記事
ホリプロ公演ページ
チケットぴあ公演ページ
シアターガイド:制作発表、記者会見
@niftyシアターフォーラムのインタビュー記事と動画

Lifeinthetheater 余談:

マチネを見ると言っていた友だちとはすれ違いだったけど、終演後、偶然にも別の友だちに遭遇。どっちもアダム友だったりして。なんだー、みんな見てるんだ。
藤原くんが人気なのか?

職場での予定が急遽キャンセルになって急ぎの仕事もなかったので早めに退社させてもらい、開演2時間前には現地に着いてた。劇場のあるキャロットタワーのイタリアンでゆっくりパスタメニューを楽しみ、食後はティラミスでお茶。こんなゆとりのある観劇、久しぶりかもしれない。

世田谷パブリックシアターに来たのは実は初めてなんだけど、良い劇場ですね。キャパが小さいので舞台と客席の一体感がある。このくらいの規模だとちょうどいいんですけど、「兵士(の物語)」上演に。
去年友だちとお遊びで勝手に「兵士」招聘プロジェクト立ち上げまして(笑)、都内の劇場どこがいいか、規模や設備や使用料金、交通アクセスまで調べて原価計算した結果、この世田谷パブリックシアターがぴったり、という結論に達しました。
演目としては兵士の他にタケットさんシリーズで「Wind in the Willows」「Proverb」「Duet」「Sandman」あたりからピックアップしてくればダンサーもアダム、ウィル、マシュー(ハート)、ゼナイダさんで間に合うから経済的(爆)
その後いろいろ状況変わってるので(笑)難しいとは思いますが~。
どうでしょうね?T○Sさんでもどこでもいいんですけど、ちょっと検討していただけませんか?

« 田園都市線渋谷駅で大友克洋?! | トップページ | 19年目のレミゼ・デビュー »

コメント

私も観にいきました。コスプレ大会でしたね~
パンフ2種類あったのですか。次回買わなければ!
アダム、もうそろそろ来日してくれてもいいのに。よろしくお伝えくださいませ。

行ったんですね~、「ライフ・イン・ザ・シアター」。
やっぱり、おもしろそうですね。
すごく気になってはいるんですけど、上京する余力がありません(泣)
世田谷パブリックシアターは私も好きです。
兵士っていい案かも。
ぜひ、来て欲しい!
ああ、アダムに会いたいなあ・・・。

レスすっかり遅くなってすみません。

>MIHOさん
ご覧になったんですね~。そうそう、いろんな舞台の場面がちょっとずつ。でもやっぱり楽屋でのやりとりが一番おもしろかったかな。藤原くんも(意味なく)お着替えしてるし(笑)けっこういい体してましたね。<どこ見とるんじゃい?!
アダムね~、来日する気あるのかどうか聞いてみたいですが。会えたらね~。

>夕月さん
おもしろいですよ~。<ライフ
もう一回見たいけど、さすがに立ち見はつらいなぁ。アダムのときはがんばったけど(笑)
日本でアダム@兵士見られたらうれしいですよね。
っていうか、何でもいいからアダム、来て!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役者人生って:

« 田園都市線渋谷駅で大友克洋?! | トップページ | 19年目のレミゼ・デビュー »