さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« ナイマンバンド・コンサートBプロ | トップページ | やっと編集終了 »

2006年6月12日 (月)

英国発、日本初演と世界初演

す、すみませ~ん ^^;;
この週末は「別方面」で超多忙につきまったく書き込むことができませんでした。
というか今週はずっと多忙で。何してたかっていうと。。

6月6日(火)
flu.fluライブ「flute Odyssey~フルート異空間への旅」
渋谷 duo music exchange

5人の女性フルーティスト・ユニットflu.flu(フルフル)のデビューライブです。
プロデューサーの方と最近知り合い、お誘いされたので行ってみました。
女性のクラシック演奏家のユニットというとBONDを思い浮かべますが、ファッションやビジュアル効果(映像をうまく活用)、ダンスとのコラボなど、いろいろ新しい試みが見られて楽しかったです。
ただ、音楽的にはあと一歩ハートに届かなかったのが惜しい。容姿にも恵まれ技術的にも優れているのだから、これからが勝負ですね。
しかしライブの場所がラブホ街ど真ん中だったのでちょっとびびった(笑)

6月7日(水)
ロンドンミュージカル「OUR HOUSE」プレビュー

ハーモニーホール座間
作:ティム・ファース
音楽:マッドネス
演出・翻訳:G2
監修・翻訳・訳詞:青井陽治
訳詞:後藤ひろひと
出演:中川晃教、池田有希子、池田成志、坂元健児、新納慎也、入絵加奈子、瀬戸カトリーヌ、後藤ひろひと、香寿たつき、今井清隆 他

2003年オリヴィエ賞、ベストニューミュージカル賞受賞作。日本版初演です。
スピーディな場面転換、ポップな歌とエネルギッシュなダンス、家族への思いをテーマにした泣かせる脚本、これは文句なしに楽しい、誰にでもお勧めできる舞台です。キャストの平均年齢ちょっと高い(笑)ですが、16歳の高校生役も違和感ないです。ただアッキーの歌を聞きたい方(わたし?)にはやや物足りないかも。
だってね~、今井さんはもちろん(進行役につき一番ソロが多い)、香寿さん、池田さん、なるしーまで!ソロがあるのに、なんで主役の歌がないの~??いいえ、ほんとはちゃんと歌ってるんですが、丸々歌で聞かせる場面がないんです。その分踊る、踊る(笑)<なぜ(笑)?がんばってますよ~。

このミュージカルを見るため、下見と称して(笑)お話の舞台になっているカムデンタウンに行ってきました。ご参考までに。

Camdenmarket Camdenlockentrance Camdenlock Camdenfood Camdendark Camdenchalk Camdencarpet

ご覧のとおり、カラフルな街並、雑多な品物であふれかえるマーケットに人はごったがえし、とても「元気」な街でした。

参考サイト:
「OUR HOUSE」公式サイト
G2公式サイト内公演サイト
イープラス特集e-Theatrix(三バカトリオのインタビューに大笑い)
@niftyシアターフォーラム稽古場取材特集

6月9日(金)
マイケル・ナイマン・バンド・コンサートAプロ
6月11日(日)
マイケル・ナイマン・バンド・コンサートBプロ

演奏曲セットリストはその日付の日記にあります。
こちらも同じ英国産の音楽ですが、MADNESSの軽快さとは正反対、暗く重く人間の内面深く深く沈潜していくような曲が多くて、ちょこっと意識を失ったり(笑)
でもマイケル・ナイマン自身のピアノ・ソロによる「ピアノ・レッスン」を聞くだけでも十分贅沢な音楽体験でした。
他には「リバティーン」からミストレスがよかった。そしてスケート・ファンにはおなじみの「メモリアル」(長野五輪グリプラ、ヤグディンetc)、これはアンコール・バージョンがすごかった。ガッガッガッガ!とピアノとは思えないような激しく攻撃的な音が耳に残って圧倒されました。

さて、このツアーは、この秋上演予定だった中川晃教主演、蜷川幸雄演出舞台「エレンディラ」のための新曲披露も兼ねていたわけですが、残念ながら公演延期になってしまい、やや宙に浮いてしまった感じ。
しかし2日前にはコン○ーム買うのに悩んでた男子高校生やってた人が、ここではガルシア・マルケスの深く濃い情念の世界を歌い上げる。その切り替えの早さ、表現者としての天賦の才に改めて恐れ入りました。この人の歌声はもはや国境越えてます。ナイマンさん、バンドの皆さんも大変満足そうで、賞賛の眼差し。こちらはワールドプレミアとなりました。
延期は劇場の都合ということですが、早く上演が決定しますように。

ホリプロなので、会場でシザーハンズのチケット販売してました。(売れてないのかなー)
あ、そういえば光藍社さんからのDMにも割引チケットのご案内入ってました。12000円→8400円だったかな。っていうか、初めからこのくらいの値段にすればいいのに。

« ナイマンバンド・コンサートBプロ | トップページ | やっと編集終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国発、日本初演と世界初演:

« ナイマンバンド・コンサートBプロ | トップページ | やっと編集終了 »