さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« Take Me or Leave Me | トップページ | ここにいない友に »

2006年7月 6日 (木)

ティアーゴ・ソアレスの昇進

Ballet.coの書き込みによると、ティアーゴ・ソアレスがプリンシパルに昇格したそうで、おめでとうございま~す。

ちなみにこちらのスレッドですから。
http://www.ballet.co.uk/dcforum/news/3259.html

将来性のあるダンサーだとは思っていたのでうれしいですが、反面ちょっとまだ早いんでは?という気がしないでもない。
これまで見た中では、オネーギンもレスコーも役作りの面で少し物足りなかったので。

彼はまだ24歳だったかな?それでも若いと思うのに、それからするとアダムの22歳でプリシパル昇進というのがどれほど異例だったか、どれほどすごいことだったか、感じ入っちゃいます。

アダムのバレエをまた見たいんですが、今の動き方を見てると当分望み薄かな…。

« Take Me or Leave Me | トップページ | ここにいない友に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ティアーゴ・ソアレスの昇進:

« Take Me or Leave Me | トップページ | ここにいない友に »