さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 「TOMMY」と「レ・パラダン」トークショー | トップページ | ぬれ煎餅好きな人~ »

2006年11月21日 (火)

K-Ballet 「二羽の鳩」「三人姉妹」

書きそびれたこと、その2。

K-Ballet Company Winter Tour 2006
「二羽の鳩」「三人姉妹」

渋谷Bunkamuraオーチャードホール
2006年11月17日(金) 18:30~21:30

えっと、先週書いたようにこの日異様に疲れてたってこともあると思うんですが、、、全然集中できなくて、もったいないことをしました。
「二羽の鳩」の都ちゃんは、信じられないくらい華奢でかわいくて、ほんとに「少女」でした。ジプシーガールと張りあって踊るシーンが特に可憐で、そこでおまえなんでそっちのキャバイ女の方に行くかね?って感じで。と言ってもそのジプシーガールの松岡梨絵さん、なかなか良いダンサーでした。華があり、技術的にも安定している。と思ったら、この方、こんどのくるみでマリー姫を踊られるんですね。2階ロビーで舞台衣装の展示があり、大きなポスター(パネルだったかな?)の写真がありました。
青年の輪島さん、ごめんなさい、あまり印象に残ってない。あ、でもほら、わたしもぼーっとしてたから…。って自ら墓穴を掘ってます?わたし。
この演目、本物の鳩が重要な役目を果たすんですが、あれ?二羽じゃないの?一羽しか出てこなかった。しかもいつの間にかどっか飛んでっちゃうし(笑)
でも最後の最後にまた中心の椅子のところに戻ってきたからびっくり。わかってるのかな?自分の役目。客席からもちょっと感嘆の声がもれていましたよ。

う~ん、全然作品の感想になってないし。すみません。
こちらは二幕構成で間に休憩あり。

2度目の休憩のあと、熊川くんとヴィヴィアナ・デュランテの「三人姉妹」です。キャスト表見て、まあ驚いた。

クルイギン:スチュアート・キャシディ
チェブトゥイキン:イアン・ウェブ

そしてさっきまでジプシーガール踊ってた松岡さんがオリガ、荒井祐子さんがイリーナです。
輪島さんもトゥーゼンバッハとして登場します。いやぁ~、大変!お疲れ様~。
このトゥーゼンバッハがですね、これまで見た中で一番理知的でかっこよくて、これじゃ全然別のお話になってしまいます。メガネが似合うの。
そしてキャシディさんのクルイギンは、ダウエルさんの田舎教師を見慣れた目には妙にダンディで、なんでこんな素敵なダンナさまがいながら、よそ見するかね?って感じです。またまた別のお話になってます~。
イアン・ウェブさんが踊るのを初めて見ました。もっとも踊りったって、例の椅子踊りですが(笑)最初に足にひっかけるところで少~し苦労してるようにお見受けしましたが、愉快な酔っぱらいのお医者さんでした。
ヴィヴィアナ・デュランテは、少し重たすぎるくらい切なく恋する人妻を演じてました。役作りとしてはよかったと思います。

え~、肝心の熊川ヴェルシーニンですね。相変わらずくるくるとものすごいスピードで回転し、よく跳びはねてました。が、ヴェルシーニンってそういう役じゃないですよね?なんだか快活な(!)軍人さんでちょっと違和感。もちろんよく踊ってましたよ。ただ、それ見ながらどうしても別の35歳男性のこと考えないでいられませんでした。
ほら~、35歳ってまだまだこんなに踊れるじゃない。あなたももっと踊ってよ~。<誰に言ってるんだか
わたしはアダムとサラの「三人姉妹」も見ていますが、わたしの中での決定版はやっぱりシルヴィ&ジョナサンですね。あの微妙な空気感。他の誰にもまねできない。
そうそう、ピアノが引退したはずのフィリップ・ギャモンさんだったんですよ。これまたうれしいびっくり。相変わらず軍服姿で決まってました。

ひとつ個人的なお詫びを。熊川くんのマント投げをチェックするお約束でしたが、なんか一瞬ぼ~っと意識がとんでる間にマントは落ちてました。気がついたら帽子は跡形もなかったので、きっと遠くに投げ飛ばされたんでしょう。
それにしてもバレエフェスのイニャ~キの帽子は飛ばしすぎだった。今でも笑える。すみません、どうでもいい話。

何しろ悔しいのは、次の公演で都ちゃんがわたしの住んでるところから歩いてもいかれるくらいの地元劇場でくるみを踊るのに、見られないことです。都ちゃんのこと発表になる前からチケットとっくに完売。
http://www.ints.co.jp/k_ballet_winter2006b/index.htm

そういえば今日チケットスペースから何か来てたな。あ、やっぱり。白鳥の先行。
都ちゃんと松岡さんが、日替わりでオデット/オディール。しかしチケット高いな。(S=18000円、A=14000)買えませんてば。ご案内は即刻ゴミ箱行き。(ごめん)
http://www.k-ballet.co.jp/topics/performance.html
しかしさすがに国際フォーラムでもホールCだ。ホールAをバレエ公演に使うなんて無茶だもんね(ボソ)

« 「TOMMY」と「レ・パラダン」トークショー | トップページ | ぬれ煎餅好きな人~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-Ballet 「二羽の鳩」「三人姉妹」:

« 「TOMMY」と「レ・パラダン」トークショー | トップページ | ぬれ煎餅好きな人~ »