さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 気がついたら終わってた | トップページ | 何が起きたの? »

2006年12月17日 (日)

ロンドン方面の話題もちょっと

ロンドンでご覧になった方からのご報告で思い出しました。

リンバリースタジオで開幕した"The Wind in the Willows"再々演、前にも一度ご紹介したでしょうか?
メインキャストが初演再演とも総とっかえで、なかなか興味深いです。
まず初演マシュー・ハートのはまり役ヒキガエルは、ロンドンOYTやカーマン、PWWのEwan Wardrop。モグラは昨年のピノキオやゴーストでマシュー・ハートと共演しているCharlotte Broom。ウィルがやったネズミは、Nikolas Kafetzakis。白鳥韓国公演でザスワンでしたよね。アダムのアナグマは、危険やロンドンOYT、白鳥執事のRichard Curtoさんです!
なんとなくなじみのある名前を見るとそれだけでうれしくなっちゃう。
舞台も相変わらず楽しく良かったそうですよ。

公演情報のページ、画像はマシュー・ハートのカエルだし、下の方にリンク張られてるリハーサル動画は相変わらず初演当時(2002年)のものです。アダムやウィルもいますよ。ちょっと懐かしい?っていうか、見てはないんですけどね(笑)

マシュー・ハートといえば、10日にパリ公演終えて、13日サドラーズで「白鳥の湖」開幕。22日にジューン・ボーンさん(マシューのお母さん)追悼公演だそうです。
マシュー・ハート王子をはじめ、新シーズンのプリンシパル画像が、ダニさんのmatthewbourne.orgで公開されてます。ビル・クーパーの写真。12/14のニュースからお入りください。
シザーハンズ米国公演も12日から始まってます。あんまりちゃんとチェックしてないけど、レビューではけっこう好評のよう。

あと、マシュー・ハートがちょい役で出てるらしい「ヘンダーソン夫人の贈り物」は、12/23渋谷Bunkamuraル・シネマほかで公開予定です。

« 気がついたら終わってた | トップページ | 何が起きたの? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン方面の話題もちょっと:

« 気がついたら終わってた | トップページ | 何が起きたの? »