さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 氷上の格闘技 | トップページ | 真央ちゃん、ありがとう »

2007年3月24日 (土)

負けないで真央ちゃん

昨日の女子SPをテレビで見て、あくまで「金」メダルにこだわる煽り方にいらつき、殺意すら覚えたのはわたしだけですか?

男子のときもそうだったけど、大ちゃんは去年までと比べて実力的にも精神面でもメディアに対してもずっと自信もって対応できてた。美姫ちゃんもいま2位で再び重い注目を浴びることになったけど、今度はだいじょうぶ。

でも真央ちゃんは。あ~、なんか心配だよ。ノーミスだとか金メダルとかいうインタビュー映像繰り返し流されて、心によけいな負担かけれられてないといいけど。
そのままでいいんだよ、真央ちゃんは。ただのびのびとスケートを楽しんで滑ってくれれば、それを見てわたしも幸せになれる。

この前のテレビ東京のメディアリテラシー特番でも思ったけど、マスコミって全部は伝えないから。自分たちが持っていきたい方向に都合のいい情報しか流さない。それに翻弄される側の身になってなんかくれない。でもそれをやってるのはマスメディアという実態のない魔物なんかじゃなくて、一人一人の人間のスタッフなんだよね。トリノで期待された結果を出せなかった今井メロさんが、激しいバッシングを受けたことについて「人間としてのつきあい」としてせめてお疲れ様の一言でもあれば、と言ってたのはすごくよくわかった。

そういう意味でいつも選手たちの心に寄り添いながらレポートしてくれる@niftyチームには深い敬意を感じるわけです。

商業ベースのテレビや新聞にそれを求めるのはちょっと違うかもしれないけど、いくら天才でもまだ16歳なのよ。バンクーバーまであと3年。それまで真央ちゃんの成長を願うとともに、メディアに対してもそれなりの気遣いくらいはお願いしますよ。

いや、そんな先の話より今晩です。女子フリー。真央ちゃんに限らず、みんな自分の力を出し切って最高の演技ができますように。わたしも現地で応援します。

もちろんスポーツだから上位を目指すのは当然だけど、フィギュアって自己表現の芸術でもあるわけなので、スポーツ性と芸術性の微妙なバランスがわたしが一番気に入ってるところだし、フィギュアスケートってそういうスポーツですよね?
みんな、がんばれ~。

というわけで、話の順番違っちゃったけど、昨日はテレビ観戦。

午後の特番はなんとフリーダンス、ライブじゃないですか?!なんでもっと宣伝しないの~?ペアとダンスはなぜ特番扱いなのよ。
デンスタとドムシャバがすごかった。実は仕事中だったんだけど、思わず手を止めて見入ってしまった。
のんちゃん、木戸さん、順位をひとつ上げて総合15位。おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。長い間楽しませてくれてありがとう。(でも個人的に一番印象に残ってるエピソードはシェルブールのアマガエルだったりします ^^; 演技の思い出じゃなくてごめんなさい!)これからどんな道に進まれてもご活躍をお祈りしてます。

夜の女子SPは、結果まだチェックしないうちに始まってしまったので、ドキドキしながら見ることができました。カロリーナ、すごい!余裕のジャンプ。体の大きな子だから迫力ある~。美姫ちゃんもほぼパーフェクト。キミーちゃんもあの地味~なプログラムをずいぶんドラマチックに表現できるようになったよね。真央ちゃんだっていわばワンミス。友加里ちゃんもがんばった。
でもやっぱり昨日はキムヨナちゃん's Dayでした~!!いやもう何も言うことはございません。今夜の女の戦い、楽しみです。

« 氷上の格闘技 | トップページ | 真央ちゃん、ありがとう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けないで真央ちゃん:

« 氷上の格闘技 | トップページ | 真央ちゃん、ありがとう »