さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 寒いですね… | トップページ | お花見行けました »

2007年4月 6日 (金)

すべての薬は毒である

っていうのは、ずいぶん前に朝日新聞の声欄に載ったお医者さんからの投書。

最近のタミフル問題の報道過熱ぶりにふと思い出した。

「すべての薬は毒だ。その毒の都合のよい部分を効能と呼び、都合の悪い部分を副作用と呼んでいるにすぎない」

といった内容だったと思うんだけど。

亡くなった方やそのご家族に対しては本当にお気の毒とは思うのですが、インフルエンザに対して劇的な効果があることも確かだし(実例がここに)、インフルエンザで亡くなる方の数もバカにならないし、使用禁止まで話が行っちゃうのはどうなんだろうな?と。

友だちのブログがこの話題でものすごい議論になってる(コメント100以上)のを見るだに難しい話だとは思いつつ、ちょっと書いてみました。

« 寒いですね… | トップページ | お花見行けました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべての薬は毒である:

« 寒いですね… | トップページ | お花見行けました »