さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 生きてます | トップページ | 当たりました »

2007年5月29日 (火)

夕凪の街桜の国

前に一度話題にしましたが、「夕凪の街桜の国」が映画化され、今年7月に一般公開されます。
今日届いた映画生活からのお知らせで気がつきましたが、公式ブログができていました。
映画制作の裏話などいろいろ出てきそうで楽しみです。

でもなんといっても原作です。
原作読んでください。日本人なら読んでください。

試写会ないかな~、と思ったら、なんと東京はぎりぎり明日申し込み締め切りでした。しかもブロガー限定ご招待だって。ブログやっててよかったわ。なんて、まだ当たると決まったわけではない。

« 生きてます | トップページ | 当たりました »

コメント

原作、チェックしときます。何か、井上ひさしの『父と暮らせば』を思い起こしました。

ところで、この試写会の応募は、本名とメルアド・ブログのアドレスも書き込むんですね。ブログは人を選んでアドレスを教えているので、よくある情報流出が怖いです~。

これ、2年前に帰国した時に半信半疑で購入して、銀座の喫茶店で読んでいて、「桜の国」の最後で自分でも吃驚するほど涙が一気に溢れちゃいました。
 原作広く知られるのはとてもいいことだと思います。でも、映画化ね。試写会、当ってくださいね。

>ここなっつさん
いつもどうも~。
このコミックは本当にお勧めですよ。ヒバクシャについてこれまでにない新鮮な切り口というか、ああ、こういう描き方があったんだ~と目からウロコがボロボロ。
ウェブ上の試写会の応募って普通本名とメルアドと住所と電話番号書かされませんか~?ブログを書くことでブログの匿名性がなくなってしまうけど、わたしはサイトもメルアドも全部公開なので、あんまり抵抗はないです。
でも確かに個人的に知り合いにだけ教えてひっそり運営されてるブログもあるから、あんまり表に出したくないって方もいらっしゃるでしょうね。

>守屋さん
原作お読みでしたか~。泣きますよね、あのラスト。(だけじゃないが)
コミックの映画化ってビミョーなものも多いですが、今度のこれはどうなっておりますか。試写会、当たりますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街桜の国:

« 生きてます | トップページ | 当たりました »