さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 「夕凪の街 桜の国」試写会 | トップページ | フィギュアスケートアワード2007 »

2007年6月 9日 (土)

プレステージ

続けて映画ネタです。

プレステージ
http://prestige.gyao.jp/

本日封切り初回見てきました。
場所は通いなれた(笑)新宿バルト9。

夕べもテレビで特集組んでたし、先週は丸の内線の車輌まるまる広告入ってたし、宣伝にはずいぶん力入ってます。

何を書いてもネタバレになっちゃいそうなので、難しいですが、おもしろかったです。
一瞬たりとも画面から目が離せない。
どこからどこまで「奇術」で、どこから(科学という名の?)本物の「魔法」なのか。
華やかさを競うトリック・バトルに人間どうしの感情と駆け引き、騙し合い、逆転逆転逆転…、最後にさらに思いがけない(いや、ちょっとSFなれしてる人なら想像つくかも?)どんでん返し。

細かい設定でわかりにくいところもあったので、原作読んでみたいな。

少し不満なのは、実在の発明家テスラ役のデビッド・ボウイがメイクしすぎなこと。
あれじゃ知らなきゃわからないよ~。
っていうか、わたし最後に「実は替え玉でした」って言って本人が現れるのかと思ってた(爆)
最初から本物だったとは。完全にだまされた~(笑)
ひょっとして狙ってる??
ただ一ヶ所、ロンドンのロイヤルアルバート・ホールでのマジック(科学)ショーで、エジソンの妨害のために身の危険を感じたテスラが現れなかったとき、ちらっと見えたポスターだか幕だったかに書かれた絵の中のテスラは、ふだんのデヴィッド・ボウイそのものでした。でも絵だけ~?;;;

ところで「Prestige」は「プレスティージ」じゃないのね。パーテーみたいな感じだけど。

« 「夕凪の街 桜の国」試写会 | トップページ | フィギュアスケートアワード2007 »

コメント

この映画、見た人としか詳しい事語れないです。2人の青年マジシャン同士の人生をかけた壮絶な戦いでした。何より、ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールという面子が良かったです。
二コラ・ステラは実際の人物写真なども残ってますから、その実像に近くメイクしているので、デヴィット・ボウィみたいになってしまってはマズイのじゃないですか(笑)。エジソンが、ステラの発明に嫉妬して妨害したということも事実あったそうで、それもあの映画のもうひとつのライバル同士の話になっているんですね。エジソンてけっこう悪いヤツだったのか~。

>mmさん
どうも~。お世話になりました。
クリスチャン・ベールの奥さんが気の毒で…。あ、またネタバレになりそう(笑)
実在の人物だからって同じ顔にメイクしちゃうんだったら、デヴィッド・ボウイじゃなくてもよかったと思うんですよ。科学と魔法の境目があいまいだった時代のちょっといかがわしく怪しげなカリスマ性みたいのは、ボウイの容姿のままの方がインパクトあったと思うんだけどな~。
エジソンって、発明するだけじゃなくガンガン特許取ってガッチリ稼いでたとか、商魂たくましく強かな一面もあったみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレステージ:

« 「夕凪の街 桜の国」試写会 | トップページ | フィギュアスケートアワード2007 »