さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 箸は転がらなくても可笑しい | トップページ | きびしいのか甘いのか »

2007年8月 1日 (水)

パーフェクトの意味

萩尾望都パーフェクト・セレクションの初回配本(トーマの心臓Ⅰ、Ⅱ)をやっと引き取ってきました。

さっそく開いて久しぶりに通読。

雑誌掲載時のカラーページがそのまま、というのはわかっていたけど、連載時の扉絵も入っている?!これはうれしい驚き。
よく見たらちゃんとチラシにもそう書いてあった。よくわかってなかっただけ。
う~ん、でもどうせなら復刻版ってことで文字も入れてほしかったかな。絵だけも見たいから難しいところだけど。

こういうパーフェクトなら大歓迎。

てえことはだ。ポーも雑誌掲載順と思って期待してていいかな。これまでコミックでもハードカバーでも全集でもいろいろ編集してあったから。ぜひ~。

« 箸は転がらなくても可笑しい | トップページ | きびしいのか甘いのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトの意味:

« 箸は転がらなくても可笑しい | トップページ | きびしいのか甘いのか »