さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 壁の花再演 | トップページ | 音としての言葉 »

2007年9月25日 (火)

ダンサー・アダム復活中

昨日の今日で、アダム日記更新。

なぜか「Wallflowering」の話題はありません。ひょっとして危険のときみたいに、まだ確定してないのに劇場がフライング??こういうことよくあるんでしょうか。英国人って意外と大雑把?

今日の日記更新は、主に新しいミュージカル(前の日記で書いてたロジャース曲の)の進捗状況。ワークショップは無事に終わったようです。他のダンサーの面子を見ると、

Rebecca Sutherland:「Imagine This」に出てたらしい。

Pia Driver:マシュー白鳥でスパニッシュ踊ってた子ですね。

Tom Dwyer:メリー・ポピンズのアンサンブルに名前があります。

Isaac James:あのアイザック~?OYT来日公演やビリー・エリオットで大人のビリー。

そして助手(笑)のサラ。

なんだ、なんだかんだいって、身内ばっかり(笑)

でも前の日記ではっきりしなかったアダムの役割が「ダンサー」だと知ることができてうれしいです。2年もまともなダンス("proper" dancing)をしてこなかったつけが回ってきたみたいですが(笑)

だけど、もぉ~、やっぱりね。
ちゃんと毎日鍛えてるかな?してないかも?と心配してたんですよ。ダンサーの身体をキープするって大変なこと。いちおう殊勝に「告白するのはちょっと後ろめたい(feel guilty)けど」と断ってるところが正直者アダムらしいってばらしいんだけどね。言い訳みたいに「自分だけじゃなくてよかった」なんて書いてますが、誰のこと??

でも2009年か…。まだ2年も先ですね。TBSから視察?に来てたってことは来日公演の可能性もあり?

その前にどこかの舞台に立てたらいいね。たとえ自分が見ることができなくても、どこかで踊り続けてくれてると思えば、なんとか待っていられる。

でもストレートプレイとかミュージカルとか。そっちだけかな。バレエの世界にはもう戻ってくる気はないのかな??その気配が感じられないのがとても寂しいです。

でも今は、ダンサー・アダムの復活に乾杯。
(あ、いま禁酒中だった ^^;)

« 壁の花再演 | トップページ | 音としての言葉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンサー・アダム復活中:

« 壁の花再演 | トップページ | 音としての言葉 »