さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 渋谷でフルート・ライブ | トップページ | 週末は静岡COI »

2007年9月 4日 (火)

バレエダンサーを描く

これまた遅れ遅れの話題ですみません。

先週の土曜日さいたまから帰って(通いですか)、伊勢丹のお惣菜売り場をウロウロしてたら聞こえてきたアナウンス。7階特設会場で近代洋画秀作展と「躍動するバレエダンサーを描く」油絵展のご案内でした。
時間ちょっとぎりぎりだったけど、そんなに点数も多くなさそうだし見よう!と思って地階から7回までエスカレーターを駆け上が…ったりしませんよ。

そのアーティストの名前は、芳賀啓さん。1976年生まれの若い画家です。埼玉県桶川市生まれ、米国の美大を主席で卒業、カナダ国立バレエとのかかわりでバレエダンサーの絵を描き始めたようです。稽古場風景、リハーサル風景、開演前にじっと音楽に集中するダンサー。光の描き方が美しく、動きもシャープです。

どっかに画像ないかな、と探したけど見当たらず。
ご本人のブログみつけました。

http://blogs.yahoo.co.jp/keihaga126

ここにもあるように、マラーホフについては本人の許可を得ていくつもの絵を描かれているそうです。

近日中の展示は以下のとおり。あら、伊勢丹今日までだったか。

■伊勢丹府中店 7階美術画廊
2007年8月29日(水)~9月4日(火)

■松坂屋上野店南館5階画廊
バレリーナたち 芳賀啓油絵展 
2007年8月30日~9月5日

バレエ公演のある劇場で展示されることもあるそうです。
そういえばもうすぐマラーホフのガラじゃなかったっけ?
と、思ったら、なんと膝の手術で降板だそうで。(遅い?)http://www.nbs.or.jp/stages/0709_malakhov/index.html
でもこういうところでバレエをよく知ってる人の目にふれるのは良いことだと思いますので、ぜひ企画してあげてくださ~い。

« 渋谷でフルート・ライブ | トップページ | 週末は静岡COI »

コメント

はじめまして。いつも楽しみに読ませていただいています。

芳賀啓さんは、Kバレエカンパニーの芳賀望さんのお兄さんなんですよね。ご実家もバレエ教室をやってらっしゃるということで。
しかし百貨店で展覧会をやっているとは存じませんでした。今回は無理そうですが、ぜひ見に行きたいですね。

>naomiさん
初めまして!いらっしゃいませ。
なんと、そうでしたか?!お名前から連想しなかったわけでもないんですが、なるほど芳賀望さんとご兄弟だったんですね。
すごくきれいで動きがあって、ハインデルやドガの絵にも通じるとこともあり、コラージュを使った手法もなかなかユニークで効果的でした。機会がありましたらぜひご覧になってください。
ところでnaomiさんはとても充実したバレエブログをお持ちなんですね。ブックマークしてゆっくり拝見させていただきます。
(誰かのせいで)最近すっかりバレエ系のネタが減ってますが、これからもよろしくお願いしま~す。

美鳥 さん、お返事ありがとうございます。
実物の芳賀さんの絵を観たことはないのですが、お話からとても素敵だろうな、と感じました。
以前、「バレリーナへの道」という雑誌でインタビューをされているのを読んだことがあるんです。また、埼玉の新聞にも記事が載っていて。機会があればぜひ実物を観てみたいです。

拙ブログにお越しいただきありがとうございます!私もスワンレイクファンなので、美鳥さんのここは以前からよく見ていました(5月にオーストラリアに見に行きました)。今ちょっと腕が痛くてあまり更新ができないのですが、またお越しいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします!

そうでしたか!白鳥オーストラリア公演ご覧になったんですね。今回のツアーに日本が入ってなくてとても残念でした。
腕の具合が早くよくなるといいですね。おだいじに~。
こちらにもまたいつでもお気軽にお立ち寄りください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレエダンサーを描く:

« 渋谷でフルート・ライブ | トップページ | 週末は静岡COI »