さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 西田美和さんの映画 | トップページ | おバカ映画もここまでやれば傑作 »

2008年1月26日 (土)

最後の新年会

最後っていうのは今シーズン最後ってことで。でも考えてみたら新年会ほかにやってなかった(笑)最初で最後です。

アダム友仲間と定例?会。今年最初の集まりは渋谷マークシティ近くのお店で。

P1010098 P1010097 P1010099

P1010100

このところ寒い日が続いてるので、やっぱりお鍋。あったまります。

でもちょっとぼやっとしてると目の前の食べ物があっという間になくなって、競争もきびしく(笑)

P1010101 2時間コースの後はティータイム。だって話し足りないからね。これはハーブティーで、目にやさしいブレンドだそうです。

色がきれい。ポットでたっぷりいただきました。

去年は考えてみたらアダムだけじゃなくて、マシュー・ボーン公演もなかったんですよね。今年は「The Car Man」来るかな、と思ったけど、そんな噂も聞かないし。これまでの経験上、来日公演ってかなり早くから交渉始めて決まったら(決まる前から?)すぐプロモして半年前からチケット売り出したりしますよね。それがいまないということは、少なくとも今年前半には何もないということで。寂しいことです。

やっぱりいまさらながら白鳥って、マシュー+アダムのコラボでしか成し得なかった舞台だったなって、しみじみ話しました。アダムだけでもマシューだけでもなく。舞台の出来もだし、興行的にもね。アダムだけ、マシュー(ファミリー)だけの公演は、あれほどの成果を上げられなかった。だから次の話ないのかな、と考えると、やっぱり日本もNYやロンドンほどじゃなくてもショービズの世界きびしいんですね…。

でも今年はとりあえずアダムの舞台があってよかったです。来日公演は無理としても。
渡英する仲間たちはツアー話しで盛り上がってて、行けないわたしはちょっと寂しい。

あれからもう5年になるんですね。

マシュー・ボーン「白鳥の湖」でアダム・クーパーに出会って、人生狂わされた(笑)人々がその夏ロンドンでアダムの舞台(On Your Toes)に引き寄せられるように集まった。そのときの仲間の一人が去年亡くなりました。今日の新年会は、その人の追悼会でもありました。みんなで一周忌に送るカードに白鳥を型抜きした色紙を一枚一枚貼り付け、彼女の思い出を偲びました。
早すぎる死はまだ現実のものと思えず、今日もこの宴席のどこかにふと座って語らっていそうな錯覚さえ起こります。

どうか安らかに。忘れません。

« 西田美和さんの映画 | トップページ | おバカ映画もここまでやれば傑作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の新年会:

« 西田美和さんの映画 | トップページ | おバカ映画もここまでやれば傑作 »