さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« みかんの帰還とスケート | トップページ | 西田美和さんの映画 »

2008年1月24日 (木)

今年の初観劇

予定では来週の劇団☆新感線「IZO」になるはずでしたが、急に行けなくなった友だちにチケット譲ってもらって、急遽NODAMAP「キル」を見てきました。

2008年1月24日(木) 19:00~
シアターコクーン
野田地図(NODA・MAP)
「キル」
作・演出:野田秀樹
出演:
妻夫木聡
広末涼子
勝村政信
高田聖子
山田まりや
村岡希美
市川しんぺー
中山祐一朗
小林勝也
高橋惠子
野田秀樹

久々のNODAMAP、2年前の贋作以来。
相変わらずのダジャレ連発、野田さん元気。
主役以外、誰が出るかも知らずに見たら、高橋惠子とかいた。舞台もやってるんだ。
勝村さん(結髪:ケッパツ)がほとんど主役みたいにいつも物語の中心にいる。
勝村さんの代筆ラブレターで結ばれる主役の若い二人。
テムジンの妻夫木聡ってあんまり好きじゃなかったけど、ちょっと見直した。初舞台、がんばってました。
ヒロスエ@シルクは最初ヒロスエって気づかなくて、すごい細くてきれいでした!舞台は産休以来久しぶりじゃない?

キル、着る、切る、KILL、いきる。
二つの異空間を行き来しながら、父と息子、生きることと死ぬこと、愛と憎しみ、相反するようで実は近い(あるいは同じ)二者の関係を色彩豊かな舞台に描き出す。夢の遊民社の頃はこの色使いがあまり好きじゃなかったんだけど、今日は素直に目と心にしみました。
ラストシーンのモンゴルの蒼穹。つながるいのち。めぐりめぐって終わらないいのちの色。ブルー。
そう来たか~。

シアテレで再演(堤真一、深津絵里、古田新太)の映像を放映するらしいので、楽しみにしています。
http://www.theatertv.co.jp/preview/index.html#noda

ところで手紙。言葉にほれる、ってあると思う。
あんなに大切に取っておきたくなるようなラブレターもらったことない~(ぼやき)

« みかんの帰還とスケート | トップページ | 西田美和さんの映画 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初観劇:

« みかんの帰還とスケート | トップページ | 西田美和さんの映画 »