さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« ジャニーズ侮るべからず | トップページ | 今日のメンテナンスで »

2008年2月 5日 (火)

劇団☆新感線の戦略

という公開講座に参加しました。

と言ってももう去年の12月です。今ごろいくらなんでも遅すぎますね。いや、だって去年の暮はまあいろいろと忙しくて余裕なかったから~

九州大学芸術工学部公開講座「アート・オープン・カフェ」
3 エンタテイメントの仕事場
2007年12月7日(金) 19:00 - 21:00
劇団☆新感線の戦略
ゲスト:いのうえひでのり
(劇団☆新感線主宰、福岡県出身)
舞台に大音量のハードロック、ヘヴィメタルを使用し、歴史や神話をモチーフに歌舞伎の様式美を取り入れた「いのうえ歌舞伎」は驚くべき観客動員数を誇っています。さまざまな素材を見事に編集するその技法と戦略について。
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ リエゾンセンター(六本木)

ものすごくおもしろかったので、レポ書きたいなと思いつつ、いのうえさんが「こういうことブログとかに書かれると困るんだけど」とおっしゃるほどオフレコ話が多くて、どこまで書いていいかわからないうちに日が過ぎちゃいました。もうほとんど忘れた。(をい)

で、忘れた頃に主催者からのお知らせが届いて、公式サイトにレポがアップされてました!

http://homepage.mac.com/kogatoru/aoc/inoue.html

お話したそのままじゃなくて、関連のある話をひとつにまとめたり、かなり編集されてますが、中身の濃い講座だったってことはわかると思います。

もし書けたら後で補足事項書き足しておきます。

初ミッドタウンでしたが、クリスマスイルミネーションがきれいでした。ちょっと季節外れですがのせちゃいます。

P1010066_ed

« ジャニーズ侮るべからず | トップページ | 今日のメンテナンスで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇団☆新感線の戦略:

« ジャニーズ侮るべからず | トップページ | 今日のメンテナンスで »