さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 忘れそう | トップページ | JAPAN OPEN 2008 オンエア情報 »

2008年4月14日 (月)

また一週間

今週の出来事、一番衝撃的だったのは10日「身毒丸・復活」の大楽を見たことでしょうか。いきなり千秋楽は刺激が強いだろうとは思っていましたが、予想以上でした。あまりの濃さに吐き気がしそう。あ、悪い意味じゃありません。振り回されて酔った?
畏るべし、世界の蜷川。はっきり言ってエレンディラ○回分より濃い舞台でした。

う~ん、もうちょっとましなこと書きたかったんですが、とにかくすごいとしか言いようがない。せめてもう一回見られれば、もうちょっと冷静にチェックできたと思うんですが。お正月に聞いたトーク(千の目、さい芸アーツシアター通信の最新号に掲載されていますが、かなりの部分はしょられてます;これについてはもうすぐ公式サイトに記事アップされるはず)についてもいろいろ興味深い話があったのでまとめておこうと思いながらまだ果たせていません。

あとは、ゾロ観劇レポ舞台詳細版をまたまたみ~さんにご提供いただきました。(どうもありがとうごさいます~♪)まだテキストちゃんと処理してないので申し訳ない。できるだけ早くアップしますが、どうもやはりホームページ本体を更新する余裕はないらしい。すみません、もうちょっとお待ちください。

そして今日は、近くのホールで清塚信也さんのピアノコンサートに行ってきました。のだめの千秋先輩のピアノ吹き替え、映画「神童」での松山ケンイチくんのピアノ指導とサントラ演奏なさってる方ですよ。演奏はすばらしく情熱的で超絶技巧を感じさせない滑らかさで陶酔させてくれます。クラシック小話?も楽しかったし、アンコールのガーシュイン?すごかった~。また機会があったらもうちょっと何か書きたいところですが、とりあえず。

まだ若い、1982年生まれ、さそり座、B型、あらま、誰かさんとまるで同じだ(笑)
ちなみに藤原くんも1982年生まれの25歳です。この年は才能ある若い人をたくさん輩出してるんですよね。小栗旬くんもだし、あのつく誰かさんもね。

明日はなぜか帝劇「ルドルフ」のプロモ、出演者によるトークショーに参加予定。このために週末残業しました(笑)
出演は主演の井上芳雄さん(菊田一夫演劇賞受賞おめでとうございます)、笹本玲奈さん、浦井健治くん、香寿たつきさん。ミュージカルナンバーも何曲か聞かせてくれそうです。

タイトルがこれですから、もちろん興味はありますが、実はチケットも取ってないし、相変わらずわたしはミュージカルファンじゃないし(疑?)、なんで平日のこんなイベントに応募したかな??って感じですが、まあ、楽しんできます。初生浦井くんがひそかに楽しみ(笑)

« 忘れそう | トップページ | JAPAN OPEN 2008 オンエア情報 »

コメント

おひさしぶりです。浦井君、むかしは、もうちょっと、お顔が細くて、ほんとかわいかったんですよ。今でもかわいいけど。シンデレラストーリーのころが一番かわいかったかも。(身内の気分)
楽しんできてください。(って、いうか知らなかったです、そのイベント。行きたかったです)

ふふふ…。
濃かったですねぇ、身毒丸大楽!
いまだその毒気抜けきれず「かあさんもう一度僕を妊娠して下さい」が頭を回っております。
もう私が妊娠しそうです(爆)

>Joyさん
お、ルドルフ名付け親だ。浦井くん、かわいかったですよ。よっしーのこと先輩としてすごく慕ってる感じで、よっしーも喜んでました。詳しくは後でレポしますね~。歌は2曲。よっしーと玲奈ちゃんのみ。ちょっと泣いた
募集期間1週間で応募総数4100何通とか言ってました。そのうちの400人に当選したのはラッキーだったかも。

>ちびサさん
毒気に当てられました~。
何だったんだろう?一番ドキっとしたのは白石さんが最初から最後まで「女」だったことかな。子どもがほしいと言ったときの色気に背中がぞぞっと総毛立ちました。(背中に毛ないけど)
うまく言えないけど、「出産<妊娠<セックス」このプロセスに隠された官能性を暴露してくれちゃって、どうしてくれよう?みたいな。(意味不明)
空っぽの箱見られたときの白石さんの壊れっぷりが一番印象的かな~。
あ、あと頭に神棚のっけて股間に鏡餅くっつけた人がカーテンコールで大泣きしてたこと

なんでこんなところで語ってないで、ちゃんと記事にしろよな~>ぢぶん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また一週間:

« 忘れそう | トップページ | JAPAN OPEN 2008 オンエア情報 »