さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 正夢 | トップページ | ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その2) »

2008年4月30日 (水)

ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その1)

■Musical "Zorro" 舞台レポ
(by み~さん)
2008年3月20日~22日
サザンプトン/メイフラワー劇場にて観劇

第1幕
第1場 

舞台に幕は下りていない。古びた黒幕の背景に、左上から一筋の赤い布が滝のように下がり降りて、舞台正面までとぐろを巻くように広がっている。舞台上にさらに薄い木製の一段高い舞台が設えられ、簡素な椅子が正面6客、左右3客コの字型に置いてある。椅子が照明で浮き上がると、男女のフラメンコダンサーたちがわらわらと登場し中央のギタリストを囲むように椅子にかける。今日は、何をテーマに踊ろうか、等とにぎやかに話し出す。
ドン・キホーテがいい、などと言いながら、やがてこれはどうだ、と「エル・ゾロ」と提案すると、皆それにしよう、と盛り上がる。これは、300年前のカルフォルニアの話だ、いや200年前だ、そこは、まだスペイン領だった、などと言い合ううち、一人の男性ダンサーが立ち上がり、ギターに合わせて、早いステップでフラメンコを踊りだす。そこに女性ダンサーが加わり、2人で足を踏み鳴らし、激しいフラメンコを踊る。
♪ Flamenco Opening
ひときわ激しく曲が終わると舞台暗転。
舞台上の踊り手たちが、大道具をするすると動かして移動。
舞台両横に組まれたバルコニーでは男女がファドを歌いあげる。
再び暗転。

第2場
 黒幕の中、舞台中央の一段高い場所が映画のスクリーンのように四角く浮かぶ。
貧相な木の元、立派な服装をした総督ドン・アレハンドロ(アール・カーペンター)が、自分の足元で、だらしない白シャツ姿のまま半泣きになっている息子ディエゴ(マット・ラウル)に、とうとうと民衆の立派な指導者たれ、責任を負わなければならぬ、と強く諭している。ディエゴは強く諭されればされるほどに反発し、親父が憎い、などとわめき、俺は自分の生き方をしたい、と叫ぶや、スペインに行く、と行ってしまう。甘やかされて育った餓鬼がわがまま言っているといった感じ。
暗転

第3場
正面に大きなグリーンの箱型馬車。
小窓がついて、金の唐草模様の装飾がついている。
ジプシーたちの集落で、ジプシーたちがいまやお祭り騒ぎ。
馬車の屋根が開くと、そこからくだけた服装をしたディエゴが現れ、両手から火花、にぎやかに、“バイラ、バイラ、バイラ~”と
♪ Baila Me
を歌いだす。
歌いながら馬車から降りてくると、剣を振り回し、鞭を打ち、ジプシー女の服を一瞬で変えたり、樽から飛び出すトランプを剣で一突きしてみたり、大樽から花束、従者チェゴを板に張り付けナイフ投げなど、ドンチャン騒ぎ。
いいとこの頭の軽いぼんぼんが浮かれ騒ぐといったところ。親父のくびきから逃れて、面白おかしく暮らしている様子だ。ずっとこの暮らしで良かったんじゃないか。でも、それじゃ、話は始まらない。
そこに、ジプシーとは違う服装をした3人の男たちが、争うようになだれ込んで来る。
すぐに、ジプシーに追い払われ、ディエゴが逃げ遅れた一人を捕まえてみると、はらりと帽子が取れて、長い巻き毛の黒髪が現れる。
おお、と驚くディエゴに、巻き毛の女は、顔を見るなり、「ディエゴ!」と叫ぶ。
D「あ?なんで俺の名前知ってるの?」
女「ディエゴ・デ・ラ・ベガ!!」
D「なんで、俺の名前の全部知ってるの?」  (笑)
女の顔を見るうち、「あれ!?ルイサ?」
ずいぶん変わった、とか、去年の夏最後に見た時は、もっと小さかった、などと言ううち、ルイサも、ディエゴこそなんでジプシーみたいな格好しているの!?と叫んでしまい、イネスが、ジプシーの格好のどこがいけないのよ!とたちまちルイサに反感を持った様子。
ルイサは、今すぐに家に戻って、と訴えだす。
家にはお偉い親父が居るから、俺なんぞ必要とされてないさ、と一笑にふすディエゴだが、ルイサに、お父さんは半年前に亡くなった、と言われ愕然とする。
総督亡き後、ラモン大尉(アダム・クーパー)が新たな支配者となるや、強権をふるって民衆は苦しみ、前総督ドン・アレハンドロ・デ・ベガの、ベガ家の名を持つ正統な血筋のあなたを後継者として求めている、と必死に訴える。
それを聞いたディエゴは、しばしの躊躇の後、帰る、と宣言する。ディエゴといい仲だったジプシー女、イネス(レスリー・マルゲリータ)は反対するが、ディエゴの決心が変わらないと見るや、仲間たちと一緒について行くと言う。ルイサには、強い反感を示す。
それでも、これから向かう未知の地、カリフォルニアへの憧れの思いをこめて歌い上げる。 
♪ A California
舞台暗転
男女ペアのはげしいフラメンコダンス。迫力がある。
背景に白幕が下りて、そこにエスパーニア(スペイン)の大きな地図が浮かび、やがてカリフォルニアの地図に変わる。
舞台再び暗転

第4場
明るくなると、正面に大きな石造りの棺、その前に後ろ向きにラモン(アダム・クーパー)が立っている。スペイン将校の軍服姿で、両肩の肩章が光る。十字を切り、何か祈っている様子。
棺前には、椅子にかけた6人の白い巻き毛のかつらをかぶったDons(豪族?)達が居る。
くるり、と振り向いて、「6ヶ月前、我々は、偉大な指導者セニョール・アレハンドロを失った。以来、我らは彼の遺志を継ごうと努力している~」と演説を始める。
赤い立ち襟、赤の前立てにボタンが美しく並び、ネイビーブルーの軍服の裾は、折り曲げて、白の裏地で三角模様をかたどっている。首に高く黒のスカーフを結び、白のベストに白のズボン、黒のブーツ姿。腰に赤い幅広サッシュを巻いて右側に長くたらし、黒褐色の髪を後ろ編みこみにして、紺と茶の2本のリボンで結んでいる。きりりと決まった立ち姿。演説の後、低く祈るような声で弔うように歌を歌いだす。
6人のDonsたちも共に、「セニョール、セニョール~」と歌う。
♪ Senor
一同を見渡し、この混乱のロスをスペインの力の及ぶ地として、治め支配できるよう、自分は誓う、と言い渡す。偉大なセニョールの歌を再び歌い上げる。
歌の後、ドン・アレハンドロ総督亡きあと、軍の統率者として責任を果たすべく、自分がすべての権利を継ぐというような演説をする。
一人が、総督には、“正当な血筋の”継ぐべき子供が居たはず、ラモンが継ぐ権利はない、と異を唱えるが、ラモンの指図でたちまち兵士に連れ去られる。残りのDonsたちは、それを見て黙って同意を示し、立ち去る。
一人棺の前に残ったラモンは、棺に寄り添い、自分の中のスペインの血にかけて、この地を統率してみせる、と誓う。
アダム君は、典型的イングランドの顔立ちで、どう見てもスペイン人には見えないが・・・。

第5場
帰国の途の船上。
舞台中央には、マストが立てられて両側にリギンがデッキまで伸びている。リギン途中には、ジプシーの男が絡まるようにもたれかかっている。
マスト前のデッキでは、相変わらず、ディエゴが仲間と大騒ぎ。取っ組み合いをしたり、剣を交えたり、軽いのりで、仲間と騒いでいる。
ディエゴはなかなか腕っ節が強い。イネスが、ディエゴに剣で立ち会うが、無論お遊びでからまりたいだけ。
ディエゴに軽く切り返されては、あらあ、いやーね、などと猫のようにじゃれて、すきを見て、ディエゴの股間に剣を差し入れたり、品がない。
それを、ルイサがはしたないものを見るように眉をひそめて見ているが、イネスはそんなルイサのお嬢さん振りが勘にさわる様子。
剣を取って、ルイサの鼻先へ持って行き、へ~い、お嬢ちゃん、これはね、剣というものなのよ、などと小ばかにした様子で言う。
ルイサは、それを取り上げるや、さっとディエゴの前にまわり、ふざけ半分でお相手、といった様子のディエゴの剣をあざやかにからめとってしまう。
おお?と少し本気を出して、また相手をするが、またもや素早く剣を取られる。もう一度、と試みるが、ルイサにシャツの前を切られてしまう。上品ぶった、大人しいだけのお嬢さんではないルイサに、ディエゴは改めて見直す様子。
剣さばきは、父親に教えてもらった、という。2本の剣を持ってイネスの前に行き、これは、“剣”というものだったわね。そうそう、これも“剣”だわね、と嫌味たっぷりにイネスに渡す。イネスはイヤな顔をして引っ込んでしまう。
ルイサの鮮やかな剣さばきを見て、すっかり感心したディエゴは、切られたシャツを脱ぎ捨て、上着をはおりながら、ルイサの隣に来て座る。
いつまでも、自分の“高貴な血筋”から逃げて遊んでばかりの生活を考え直して、とルイサに諭され、あなたのお父さんは、あなたに期待して愛していたのよ、と言われて自分は変われるはずだ、と誓う。親密に話をするうち、いいムードの歌(♪ Our passion Burns)になり、2人でデュエット。そして、おたがいの顔が近づいて行く。
すると、イネスが後ろに仁王立ちになり、ちょっと、あんたたち、間違った方に行こうとしている!!と叫ぶ。
はっと離れる2人だが、イネスは2人が引かれあうのを見て複雑な様子。
その時、リギンにからんでいた男が突然、かなたを指し示しながら叫ぶ。
「陸だぞーっ!!」
舞台暗転。

ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その2)へ

« 正夢 | トップページ | ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その1):

« 正夢 | トップページ | ミュージカル「Zorro」舞台レポ(第1幕その2) »