さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 芸術劇場でシルヴィのボレロ!! | トップページ | 半分やけくそモード »

2009年3月 8日 (日)

「On The Town」が公演見送りに

先月末からバタバタしてアダム関係のネットチェックがおろそかになってる間にとんでもないことになっていました。

そういえばそろそろチケットの先行扱いとか何か新しい情報アップされてないかな?とのん気な気持ちで今朝久しぶりに「On The Town」サイトを訪れてみたら。

真っ白。

え?リロード。まだ真っ白。

慌ててソース表示してみる。ボディの中身空っぽ。え゛~なんで~??

嫌な予感がして、アダムファンとしては日本一、いやもしかしたら世界一かもしれないチャウさんのサイトCLUB PELICANを訪れてみたら、ブログ日記に「公演見送り」のお知らせが。
やっぱり!が~ん

具体的な理由は不明ですが、何かいろいろと舞台裏で何かあった模様。見送り、無期延期ということですが、事実上の公演中止と言っていいと思います。

ただ、完全白紙というわけではなく、プロモーターさんがあきらめずに公演実現をめざしてくださっているということ、アダム自身が日本での公演を切望しているというところに一縷の望みを託します。

が、現実問題として年内にアダムに会える見込みはペラペラのオブラートくらい薄いと言えるでしょう。

なんであたし、今年は正月からこんなんばっかし。 ひとつ立ち直ったと思ったらまたですよ。

せっかくオーディション合格されたアンサンブルのみなさんもお気の毒でした。共演者としてお名前の挙がっていた鈴木綜馬さんは、12月に予定されていた「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」再演も先月公演中止が決まったみたいで大変ですね。なんて、人の心配してる場合じゃないんですが。

アダムに会いたかった~(号泣)

チャウさん、お知らせとメールありがとうございました。

« 芸術劇場でシルヴィのボレロ!! | トップページ | 半分やけくそモード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「On The Town」が公演見送りに:

« 芸術劇場でシルヴィのボレロ!! | トップページ | 半分やけくそモード »