さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 3度目のイクスピアリ | トップページ | 最近のみかん »

2009年5月 2日 (土)

消えた子どもたち

Missing_board

これまた少し前の日記になりますが、その日のタイムスタンプで。
1週間で3回SAKASに来ちゃった イベントを含めると去年オープンして以来6回目かな?

2009年5月2日(土)13:00~
MISSING BOYs~僕が僕であるために~
劇場:赤坂ACTシアター

構成・脚本・演出:鈴木勝秀
出演:
藤本涼
早乙女太一
やべきょうすけ
松本まりか
Song Riders
たくませいこ
川原一馬
丹羽麻由美
下平由季子
デレアヌ悟仁
渡部累
コング桑田(リリパットアーミーII)

熊谷和徳(特別出演)
中村あゆみ

中川晃教(ゲスト)

■演奏曲目
○15の夜
○十七歳の地図
○I Love You
○Scrambling Rock'n' Roll
○Oh My Little Girl
○卒業
○群衆の中の猫
○路上のルール
○街路樹
○Freeze Moon
○太陽の破片
○Driving All Night
○Forget-me-not
○永遠の胸
○シェリー
○FIRE
○誕生
○闇の告白
全18曲+α。

尾崎豊の楽曲でつづる青春群像劇。だそうですが、印象としては、トリビュートコンサート&ダンスという感じ。物語はあるようなないような。
こういうの見る気は全然なかったんですが、まあいろいろありまして(笑)

今日2回目です(爆)

尾崎豊という人を実はほとんど知りません。亡くなったときに初めて認識したくらい。歌もほとんど知らないけど、当時の若者にカリスマ的人気があったことくらいは知ってるのできっといい歌なんだろう?というアバウトな気持ちで見に行ったら。

歌は全体的にイマイチでしたがう~ん、いやたぶん普通だったと思います…。(たぶん?)
だから~すんごくよかったわけでもダメダメだったわけでも(いや一部…)ないですが、だから歌はともかくとして~(あまり言い訳するとかえって墓穴)

ダンスパフォーマンスとしてものすごく楽しめました!

この感じ、3年前にビリージョエルを聞きに行ってラスタ・トーマスとキース・ロバーツのダンスに圧倒された「ムーヴィンアウト」以来の体験です。

コンテンポラリー、ラップ、ヒップホップ、そしてバスケット!びっくり!こういうパフォーマンスあるんですね。バスケシーンはまじ本物ですから。なかなかシュート決まらなくてひやひやする場面もあったけど、思わず客席から「ほぉ~っ」と声がもれて拍手が沸くような美技も。大阪篭球会のみなさんだそうです。SongRidersのみなさんと歌も歌っちゃう。どっちがどっちかよくわからないくらいバスケも歌もよかったですよ。
ダンスの中では特にこういうのが見たかったのよ~っていうコンテンポラリー風の踊りがよかったです。衣装や動きがちょっとクラウドゲイトっぽい。山海塾みたいなイメージの踊りもあって、後で聞いたらほんとに山海塾出身の方混ざってたみたい。
ラップに合わせたブレイクダンス風の踊りも歯切れよくて気持ちよかった。

でもなんといっても!この舞台の白眉は!(と、言い切っちゃっていいのだろうか)

熊谷和徳さんのタップです!

いや、すごかった。初めて生で見ました。以前セビアン・グローバーを見てタップの表現力の幅広さと力強さに驚愕したけど、今回はもっとなんというか職人技+ハートを感じました。繊細さというか。タッブであんな風につぶやいたり語りかけたり、歌ったり!できるんですね。「特別出演」とあるので、そんなに出番がないのかと思ったら物語の進行の重要なポイントに必ず現れる。客席にも降りてきて目の前でタップ!あんな狭い場所でもあんなに表現できるものなんですね。

尾崎豊の歌が、どの時代の若者にも共通する行き場のないエネルギーや葛藤や孤独感を象徴しているのなら、熊谷さんのタップは間違いなくこの舞台で誰のどんな歌よりも雄弁にそれを「歌って」いたと思います。あー、びっくりした。今度は熊谷さんのタップ公演いつか必ず見に行こう。と決心しました。

中村あゆみは昔「翼の折れたエンジェル」が大好きでLP(笑)まで買って、今でもわたしのカラオケ定番曲だったりするので、今回6曲もソロで歌うの聞けたのはうれしかったです。ほとんどライブのノリ。

最後におそらく今回の目玉であろう、早乙女太一くん、登場シーンの宙返りは鮮やかだったけどね~、あと17歳の揺らぎみたいのは雰囲気出てたと思うけど、、、歌はちょっとね~ボーカル初挑戦ということでかなりがんばったみたいだけど、これからも舞台で歌うつもりならもうちょっとがんばってね。

帰りにほんとはどんな歌だったんだろう?と思って、アルバム「十七歳の地図」を買って帰りましたです。少しは尾崎の魂に貢献した?

« 3度目のイクスピアリ | トップページ | 最近のみかん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた子どもたち:

« 3度目のイクスピアリ | トップページ | 最近のみかん »