さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« アダム、ハッピーバースデー! | トップページ | 白鳥が帰ってくる »

2009年7月26日 (日)

Shall We Dance 開幕

23日から始まっています。予定どおりに舞台公演の幕があき、無事に千秋楽を迎えることが、どんなに難しく貴重で奇跡的なことか身にしみて感じる今日この頃、アダム、心からおめでとう!(※23日~はプレビュー公演で本番は28日からだったみたいです)

サドラーズウェルズの公演サイト、フラッシュ映像が変わりました。
http://www.sadlerswells.com/show/Adam-Coopers-Shall-We-Dance
下の方にアダムのインタビュー音声へのリンクがあります。この公演の見どころについて語っています。アダムの少し鼻にかかったような柔らかい声のイギリス英語、懐かしい。

【追記】
↑インタビュー音声に舞台写真のフラッシュが追加になりました。サラもいる~。これやっぱり十番街かな?理想の女性と愛を求めて遍歴する男のストーリー仕立てになってるらしいから。NYの十番街で最後の女性と出会うって。

アダム公式サイトのショップに追加アイテム。ポスター(9ポンド)とA4プリント写真(7ポンド)。円高で価格的には買いやすいかも?

以下はほとんどゆれさんとこのコキユからの情報です。(いつもありがとう!なぜかどうしてもIE6ではコメント書き込めないのでまたここからでごめん)

→公演情報のウェブページも更新していますが、インタビュー記事2本。

★Independent
Adam Cooper: 'Being a sex symbol is all an act, isn't it? Part of the job'

★BBC NEWS
Talking Shop: Adam Cooper

DANCING TIMESの記事以来、自分のとらえ方がすっかり変わってしまったなと感じます。

舞台写真がアップされているサイト。いずれもサラの姿がないのがちょっと惜しまれます。

★Ballet.co John Rossさんによる舞台写真
http://www.ballet.co.uk/gallery/jr_adam_cooper_shall_we_dance_swt_0709
※ごめんなさい。このリンク元をみつけることができませんでした。

★Raymond Gubbayサイトにも舞台画像。デカイです
http://www.raymondgubbay.co.uk/newDisplayEvent.asp?eventid=1435

さて、ロンドンでアダムのダンス公演が始まった日、わたしは五反田ゆうぽうとで「ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストとサンクト・ペテルブルグのダンサーたち(特別ゲスト:西島千博)」(タイトル長!)を見てきました。ルジの阿修羅とシェヘラザード以外、誰が出るのか、何を踊るのかも知らずに直前に急きょチケット交換サイトでチケット入手してしまい。(でも相手が知り合いだった(笑))久々の本格バレエ公演(ガラだけど)見て、やっぱり研ぎ澄まされた肉体は美しいなぁと思いました。(え、それで終わり??)

« アダム、ハッピーバースデー! | トップページ | 白鳥が帰ってくる »

コメント

「サドラーズウェルズの公演サイト、フラッシュ映像」は、『兵士』サイトにアップされたものと同じですね。
これも、日本に持ってきてくれればいいのに・・・。

>ここなっつさん
こんにちは~。
動画じゃなくて、トップが舞台画像に変わってるのと、今気がついたんですが、アダムのインタビュー音声に舞台写真のフラッシュが付きましたね。なんで動画じゃないんだろう?
日本にも持ってきてくれるといいですね~。
Whatsonstageの記事によると、international tourも視野に入れてるみたいですよ~。期待して待ってましょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shall We Dance 開幕:

« アダム、ハッピーバースデー! | トップページ | 白鳥が帰ってくる »