さくらさくら2009

  • 26 千鳥が淵の月
    この季節だけは日本人に生まれてよかったと思う。

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月25日 (金)

50万アクセス御礼

連休疲れ?もあって、久々にちょっとしたアダムロス(笑)中です。

兵士公演期間中のコネタをまとめておこうと思ったのに、なんだか力が出ない。

それでもカウンターは回って、気がついたら50万アクセスいただいてました!ありがとうございます。うっかりしてたけど、アクセスログをさかのぼってみたら、本日未明だったらしい。

気まぐれ更新ですが、これからも気の向くまま、つぶやき続けたいと思いますので、よろしくお願いしますね。

2009年9月22日 (火)

「兵士の物語」大阪公演前楽+大楽(9/20, 21)

090920_welcity01_640x480

今朝帰宅したんですが、久しぶりに夜行バスなんか使ったら、ちょっと疲れて今日は一日だらだらしちゃってました。レポお待ちのみなさん、ごめんなさい

大阪公演は3公演でしたが、20日ソワレと21日マチネ(大千秋楽)を見てきました。現地では関西方面のアダムファンを中心に、またまたたくさんの古いお仲間に会うことができてうれしかったです。またお食事やお茶をご一緒していただいたみなさま、ありがとうございました!おかげさまで楽しい時間を過ごすことができました。

090920_welcity03 大阪厚生年金会館は初めて訪れる劇場でしたが、芸術ホールは新国立中劇場と収容人員数はそんなに変わらないのに、舞台の横幅狭くて、客席とステージの距離もめちゃ近く、オケピも小さくて、リンバリー劇場に近い雰囲気でした。

わたしは、前楽はE列上手、大楽はC列センターだったのですが、座席表で見るとB列から始まるのに最前1列が黒いカバーがかけられて、実質C列が最前!

というわけで最後の最後に初めて最前センターの席で見ることができました~

続きを読む "「兵士の物語」大阪公演前楽+大楽(9/20, 21)" »

2009年9月19日 (土)

明日から大阪公演

Elle Japonのサイト、立田敦子さんのブログに千秋楽?楽屋のアダム&ウィル写真と記事がアップされています。→こちら。(リンク文字化けしてたので修正しました)

アダム、オフは築地でお鮨か~(笑)

怒涛のように東京公演が過ぎ去って、大阪公演までの間に今回の印象とロンドン初演との比較とか、ゆっくり思い出しながら何か書いてみようかと思ってましたが、思ったより脱力しちゃってダメでした

でも明日になる前にもう少しだけ。

今回何が驚いたって、アダムがやせてたこと。春のマリファント公演や7月の「Shall We Dance」を見てきた友だちからの報告では、その時点ではまだダンサーの体型じゃないみたいなこと聞いてたし、今は亡きアンコールジャパンのオーディション風景の画像とか見る限りでもあまり期待できないと思ってただけに、予想以上にスマートになってたからびっくりしたの。3年前のG&Dのときより絞れてるかも?顔は絶対ちっちゃくなってる。

ただそれが意図的に絞ったのか、夏場に弱いアダムのことなのでShall We~公演の間にやせちゃったのかはわかりません。ロンドン友によると、アダム座長公演ということもあり、かなり気合入ってたみたいなんで。

いや、うれしいんだけどね。またすっきりとしたアダムに会えて。ちゃんと踊れるってわかって。正直なところ、5年前と同じように、あるいはバレエダンサーのように踊れるのかどうか危ぶんでたから。初日こそちょっと重たげだった動きが、日を追うごとにきびきびと、回転は安定し、ジャンプも余裕もって跳べるようになっていったのは、それだけである意味感動的ですらありました。

なんだ~、やればできるじゃん(笑)

もうここんとこずっとミュージカルのお仕事が続いてたから、もうちゃんと踊る気ないのかとまで思ってました。よかった

アダムの長い手足を生かしたゆったりとした振付、特に婚約者との切ないパドゥドゥは5年前と同じかそれ以上に胸を打ったし、それより何より、音楽のとらえ方と表現力!これぞアダムの踊りの真髄と言っていいと思うんですが、その的確さはもはやアダムの肉体がひとつの楽器になって音楽と一体になったかのようです。本当に久しぶりにアダムらしい踊りが見られて心からうれしく思いました。

少しだけ力強さが失われたような気がするけど、この兵士はかなりへなちょこなのでこの程度でちょうどいいのかもしれません。

続きを読む "明日から大阪公演" »

2009年9月16日 (水)

「兵士の物語」五回目(9/16)マチネ、東京千秋楽

まずは無事に公演終了、おめでとうございます!アダム、みんなお疲れ様でした。

この舞台の上演に関わったすべての方に感謝します。来日公演を実現してくださって、本当にありがとうございました~

毎日、毎回、全国のアダムファンにお会いできたのもうれしかったし、アダムまつりって感じで楽しかったです♪ また近いうちに集まれるといいね~。

アダム、今度は4年も間をあけないで帰ってきてね

今日は千秋楽といっても特別なことは何も起きず、淡々と舞台は進行しました。昨日のバイオリン事件(笑)があったせいか、今日の兵士は悪魔を殴るのにバイオリンでかすりもしませんでした。かなり慎重に扱ってて昨日とは違う意味でちょっと可笑しかったです。

カーテンコールも最初からスタオベだったり、4回目も出てきてくれたりとかはありましたが、タケットさんは現れず。残念。

でもロンドンで見た千秋楽もどれもあっさりしてたから、そういうもんかも。

あ~、なんか終わっちゃったな~ 楽しかった余韻と脱力とで、なんだか気合いが入りません。

まだ大阪があるけどね。わたしはいまんとこ大楽は見る予定でいます。もしかしたら前泊して前楽も見るかも。関西のお客さん、ノリが違うかな、やっぱり。それも楽しみのひとつです(笑)

090916_mango_3 090916_fry_3 終演後にいつものアダム友たちとイングリッシュパブで「反省会」

久々にアダム話で盛り上がって、楽しかった~。

つきあってくれたみなさん、ありがとう。

舞台のあんなことやこんなことは、また明日以降にでもまとめようかな。今日のところは、とっても満ち足りた気分で眠れそうです

「兵士の物語」四回目(9/15)ソワレ

すみません、夕べは帰りが遅くてそのままバタンキューでした

初日の印象すらまともに書けないうちに、今日は東京楽!あっという間でした。

昨日のソワレもよかったんですが、それよりちょっとしたハプニングが起きてハラハラ見守ってるうちに終わっちゃった~、って感じでその他の場面がぶっとんだ(爆)

ロンドン公演でも一度あったんですが、兵士のバイオリンが悪魔を叩いてるうちに首からポキッと折れちゃいました

最初「部品」を重ねて持っていたアダム、これからバイオリンの投げっこシーンなのに、どうすんだ~??と思っていたら、アダムもウィルもうまい具合につなぎ目?を持って折れてるとわからないようにしたり、投げないで手渡ししたり、ウィルが背中に隠すところでは、前に抱えたまま、「あれ、隠したのに見えちゃった」演技をしたり、と悪魔も含め、素晴らしい連携プレイで切り抜けました。途中でスタッフが替えのバイオリンを差し入れて、最後の悪魔に突き立てるところは、キャストも観客も一緒に「やった~!!」って感じで盛り上がりました

ロンドンでは替えのバイオリン出てこなかったですよ。確か。次の公演ではちゃんと補修されてました。

あんまり時間ないんですが、これだけ。

続きを読む "「兵士の物語」四回目(9/15)ソワレ" »

2009年9月13日 (日)

「兵士の物語」三日目(9/13)ソワレ

Heishi_poster04 また昨日よりよくなってました!みんなスピードもキレもあって。特にアダム!

初日は2階の最後列、昨日は1階の最後列と、俯瞰的にながめてイマイチだったんですが、今日はやっとS席10列目というまあまあのポジションで、キャストの表情の演技も含めよく見えてよかったです。

やっぱりこの芝居はもっと小さな小屋で、観客と役者の息づかいがお互い聞こえるくらいの空間でないと良さが発揮できないような気がします。でもSS席は高いから、リピートするには買えない

見てるときは、あ、これこれ、ここがすごいんだよね~とか思いながら見てるんですが、終わると忘れる で、次回見たときまた同じところで、思い出してこのことブログに書こう!とか思ってるんですが、終わるとやっぱり忘れる これってやはり老化現象??

コメントもたくさんいただいてて、レスできなくてすみませんが、今日はひとつ重大なニュース!

続きを読む "「兵士の物語」三日目(9/13)ソワレ" »

白鳥新キャスト

この時期に何ですが。
マシュー・ボーン、New Adventureの公式サイトで、この冬12月のロンドン公演(サドラーズ)から始まる白鳥ツアーのキャストが発表になっていました。
http://www.new-adventures.net/news.php?id=75

The Swan
     Richard Winsor
     Jonathan Ollivier
The Prince
     Christopher Marney (ロンドン公演のみ)
     Dominic North
     Sam Archer (1月から)
The Queen
     Nina Goldman
     Charlotte Broom
The Private Secretary
     Scott Ambler
     Steve Kirkham
The Girlfriend
     Madelaine Brennan
     Kerry Biggin
その他のキャスト
Ashley Bain, Tim Bartlett, Ben Bunce, Arielle Campbell, Tom Clark, Travis Clausen-Knight, Daniel Collins, Gavin Eden, Pia Driver, Ross Fountain, Philip Jack Gardner, Scott Jennings, Jack Jones, Simon Kariaskos, Daisy May Kemp, Franklyn Lee, Katy Lowenhoff, Luke Murphy, Gemma Payne, Gavin Persand, Sam Plant, Danny Reubens, Anwar Russell, Ashley Shaw, Paul Smethurst, Christopher Trenfield, Vince Virr, Chloe Wilkinson and Shelby Williams

日本公演も同じメンバーかわかりませんが、リチャードの白鳥デビューおめでとう!サム王子との組み合わせは楽しみですね。初演王子のスコットが執事役!これまたおもしろそう!

新国立で配られていたチラシの中に、来年6月青山劇場での白鳥公演のお知らせもありました。ローソンから最新情報もらうための登録用URLは、こちら。
http://l-tike.com/swan2010/

アダム出ないとわかってても、このおなじみの鋭いまなざしに出会うとドキドキしてしまいます。

2009年9月12日 (土)

「兵士の物語」二日目(9/12)マチネ with イベント

Heishi_poster03

昨日は少しテンポが?と思われたアダム兵士の踊りですが、今日はよかったです!初日は音楽もダンスも少し慎重に丁寧に手探りしながらだったのかも。

今日の席は1階一番後ろのサイドだったので、終演後出ようとしたらドアのそばにタケットさんが立ってるのに気がついた!「Beautiful job!」と声をかけたら、「楽しかった?」と聞かれたので「もちろん!」と答えました~。

どうしても初演で見たときの印象と比べてしまうのですが、やはりあの狭い空間での閉塞的で濃密な空気はないものの、多少拡散しても間延びしても、この物語の持つ「毒」の香りには奇妙な魅力があります。これを日本で見られるのは本当に幸せ。

Repeater リピーターチケットの特典(この公演の舞台写真)に、またふらふらとチケ予約してしまいました。やばい

なお、特典の舞台写真は、枚数や大きさは未定ですが、かなりのプレミアものとしてご満足いただけるようがんばります、とのことでした。いや~ん、期待しちゃう

劇場ロビーには、以前アダムやマシューカンパニーの公演会場でよくお見かけしてたお顔がいっぱい。もちろんいつものアダム仲間も集合です。昨日も今日も東北から関西から東海から遠征してきた友だちにいっぱい会えて、いろいろ興奮しながらおしゃべりできたのも楽しかったです。みなさん、お疲れ様~。

終演後に何のアナウンスもなくて、今日ほんとにイベントの日か?と思いましたが、スタッフに確認したら、受付は3時15分からとのこと。(終演2時45分) どこにも何の掲示もなくて、ちょっと不親切

続きを読む "「兵士の物語」二日目(9/12)マチネ with イベント" »

2009年9月11日 (金)

祝!兵士開幕☆

「兵士の物語」とにかく無事に幕が上がりました。幕ないけど。おめでとうございます!

Heishi_poster01_2

わたしにとっては3年ぶりの生アダム、日本では4年ぶりになります。

お帰り、アダム!ウィルはシルフィード以来でやっぱり4年ぶり?マシューは、えーと、OYT以来かな。ゼナイダさんは初めてだっけ。

久しぶりの踊るアダム。やっぱり感激しました

ちょっと会場が広すぎて全体的に「薄い」と感じてしまったのは、初日の緊張感もあるかな。まだあんまり具体的な感想は思い浮かばず。すみません、またのちほど。

Heishi_poster02_2

上演時間は1時間15分(確か)、休憩なし。

Program_2Towel_2

Poach_2

オリジナルグッズが意外に充実してました。プログラム、2000円、トートバッグ付きだと2500円。シューズポーチ700円、タオル1000円、Tシャツはちゃんと値段チェックするの忘れましたが、赤と黒でサイズはS,M,L、LLもあったかな。明日またチェックしてきます。後は、マシュー・ボーン関係のDVD、白鳥、カーマン。映画「リトルダンサー」のDVD。「兵士の物語」音楽CD、ナレーション版CD。パルコ製作のDVD(「キャンディード」と「テイクフライト」)。なぜキャンディード?

【追記】
Tシャツは男性用S,M、Lの3種で2300円。
女性用は丈が短い、2800円。

わたしはプログラムのほかは何も…買わない予定でしたが、結局タオルとポーチ買っちゃいました。思うつぼ

そうだ、明日はイベント付き。

ダンスマガジンを忘れずに!

2009年9月10日 (木)

明日初日

なんだかまだ実感わきませんが。

全国のアダム・ファンのみなさま、明日新国立劇場でお会いしましょう!

2009年9月 7日 (月)

今日って今日?

アダム公式サイトのニュースによると、アダムたち御一行様は本日日本に向けてご出発だそうですが、todayって今日かな?

実は毎日公式サイトチェックしてないことがばればれ

今週の金曜日には初日の幕が開く!

職場からけっこうぎりぎりかもしれない…と思ったら開演7時半なのね。上演時間短いから。確か1時間半くらい?

楽しみです♪

2009年9月 1日 (火)

DDDにもアダム&ウィルインタビュー

DDD
http://www.ddd-dance.com/
Vol.37 2009年10月号
発売日 2009年8月27日
価格 780円(税込)
目次から:
094
ロイヤル・バレエ出身のダンサーが踊り、“芝居”する
アダム・クーパー×ウィル・ケンプ『兵士の物語』

カラー4ページ。見開きで舞台写真とインタビュー記事2P。アダムとウィルのオフショット付。

ついでにダンマガも買ってきました。

ダンスマガジン
http://www.shinshokan.co.jp/dance/index_dance.html
2009年10月号
2009年8月27日発売
定価 1500円
インタビュー:アダム・クーパー

こちらは舞台写真のみカラー2Pのインタビュー記事。それとスペシャルイベントのお知らせ1P。内容はこれと同じ。

しかしこれやっぱりおかしくないだろうか?熱心なファンほど早めに土日公演は押さえてると思うから、どうしてもイベント参加したければ、行けないの承知で他の日程のチケ買って、あまったの処分するぐらいしか方法思いつかないけど。ファンにとって悲しいイベントってどうなんだろう。

続きを読む "DDDにもアダム&ウィルインタビュー" »

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »