トップページ | 2005年5月 »

2005年4月30日 (土)

テレビ情報追加

オンTVからお知らせがあったので、追加。

▼第33回ローザンヌ国際バレエコンクール[S]
05/01 後03:00~後05:00 NHK教育(3ch)演劇  
 出演者/黒崎めぐみ 大原永子
 プロを目指す若手ダンサーの登竜門▽クラシック,コンテンポラリー,フリーの
 3部門で11人が決戦に挑む
番組表のご確認はこちら

▼[初]バレエ:ドラゴン・クエスト
05/01 後05:00~後07:00 シアター・テレビジョン(262ch)演劇  
2002年3月神奈川県民ホール
演出・振付:鈴木稔/台本:河内連太(堀井雄二原作による)
音楽:すぎやまこういち/指揮:小松一彦/演奏:神奈川フィルハーモニー管弦楽団
出演:西島千博、長瀬伸也、福島昌美、横山忠滋、本多実男、小山恵美、高谷大一、李波、小山久美 ほか

これは楽しみ~♪

シアターテレビジョンでは、他にロシア特集で、プロコフィエフ・ガラ、ロシア・バレエのスターたちシリーズがあります。プロコフィエフ・ガラ以外は去年も見たような気がしますが、超オススメなのがエイフマンの「白痴」!これはもう見てびっくり。こんな振付ありですか?!っていうくらい驚きの連続で、しかも美しいのです。才能ある振付家というのはこういうのを言うのですね。去年のダンスマガジンの記事で、確か今はABTのために振付してるとかって読んだような気がするけど、来日公演ではそんなキワモノ?はやらないか。ぜひ一度生舞台を見てみたい。明日7本一挙放映されますが、「白痴」は 後00:45~後01:30 深夜ですね。再放送たくさんあるので、焦らなくてもいいですけど。

えーと、実験的にリンクをターゲット(別窓)にしてみたんですが、どうでしょうか?ちょっと鬱陶しいような気もしますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWテレビ情報

忘れないうちにメモ。
シアターテレビジョンで、5月放送予定のInfoClip#69にはマシュー・ボーン「愛と幻想のシルフィード」が取り上げられる予定。初回放映は5/7(土) 23:30~。

それから5月8日(日)9:00~9:30 テレビ朝日系ネット「題名のない音楽会」に、マキシムが出演します。

その前に忘れちゃいけない、ジャンクSPORTS5月1日(日)放映分に章枝ちゃんが出ます~。


ふとチェックしてみた Royal Opera Houseトップページ兵士の物語がリンクされてて、前はなかったキャストが4人分ちゃんと載ってました。今ごろリハーサル中かな?
たった5公演、1日公演のない12日は、ロイヤル大ホール公演ミックスビルにゼナイダさんが出演するからと思っていましたが、今見たら名前がなくて、単に「Members of The Royal Ballet」となっていました。あれ??
2005/2006シーズン・ハイライトというページをちょっとのぞいてみる。来シーズンもアダムがゲスト出演しそうな演目はなさそう。って、何期待してんだか?

サドラーズからはいつものニュースレターが来たけど、ランベール公演にサイモン兄ちゃんは出演するのかな?
パンチェンコさんは、白鳥韓国公演の後、6月のバレエボーイズ公演(衝撃作らしい)にご出演なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月29日 (金)

ごろごろ連休スタート

昨日から絶不調につき寝てばかり。
夕べ月末処理片付けて帰宅したのがちょうど深夜12時。その後ちょっとややこしい英語書きしてたので疲れてそのまま寝てしまい、今朝は一応起きたけど起きられず(どっちなんだ?)暑さにうなされながら午後までず~っと寝てました。

お知らせしたいことはたくさんあったんですが、遅くなってすみません。
まずはアダム公式サイトにニュースがアップされてて、もうすぐ日記の更新もある見込み(かな?)ロニ・アンコナさん(「雨」で共演)のところに女の子が生まれたみたいですね。おめでとうございます~。こちらの来日公演の見込みはどうなんでしょうね?自分的にはあまり期待してませんが…。

CASKET出版物にウィル・ケンプの記事掲載誌2件追加しました。このデータ・ページ、アダムとマシューの、と定義してあるのでどうしようかな?と思ったけどマシュー舞台のプロモ記事だからまあいいか。同じウィル関連でも去年のヴァンヘルシングがらみの掲載誌は載せてないし。<なぜ言い訳?
両誌とも表紙が「エデンの東」に主演の松本潤だってところが「バレエ界のジェームズ・ディーン」というキャッチコピーのウィルとプチリンクしてておもしろい。

ジェイソン・パイパーの公式サイトJasonpiper.comを教えてもらいました。まだ建築中みたいですが、白鳥公演オフ写真が見られたりジェイソン自身のボーカルが聞けます。しかしこれ日本公演中にアップされたんですね。今も現在進行形だし、驚き。

連休の予定は、5日にプリンス最終日とと6日にギエム東京公演最終日のチケット取ってある以外は何にもなし。だらだら過ごす予定。この機会にためた仕事を片付けられるといいんですが。掃除もしなきゃ。

都合によりメニューページに張ってた募金パークへのリンクを暫定的に外しました。2月から更新なくて、連絡取ってる余裕もないのでとりあえず。また他に募金情報でよいリンク先があればリンクするかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月28日 (木)

独り言です

日記なんだから独り言に決まってますが。

昨日から口ずさんだり頭に浮かぶのは、ビリーバンバンの「さよならをするために」、ジュリーの「さらば宇宙戦艦ヤマト」、町田義人の「美しい人」…。

気にしないでください(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと見られた、ホセ&ニール。

マシュー・ボーン「白鳥の湖」東京最終公演見てきました。
なんで最初にこれを見なかったかね?ニール王子サイコー!
今まで見た他の王子たちが、程度の差こそあれまずは見た目からして「ごめんなさい、生まれてくるとこ間違えました」オーラ(オーラっていうのか?)発光してたのに、この王子は一見パーフェクトなノーブル王子様だ。それだけに内面とのギャップに苦しんでるのが見てとれて悲惨さが増幅された。あれじゃ女王さまだって自慢の息子、次期国王として期待しないはずない。それがプレッシャーだっつうに。
バレエ観劇から帰ってきて部屋で、王室ルックをまるで汚いものでも振り払うように脱ぎ捨てる、その激しさに思わず胸を衝かれた。
同じ自慢の息子でもクリス王子はかわいくてけなげで甘えんぼさんであまり「裏」を感じなかったけど、ニールは「表」が華やかなだけに母にも理解不能なその胸の奥の暗闇は深そう。3幕いきなり狼男化したのにもびっくり。
今日はホセもかなり調子よくて、やっぱり千秋楽ということで気合入ったかな?ストレンジャーでは特に小気味いいほど音楽に乗ってた。

その他のキャスト、女王さま:ニコラ・トラナ、執事:アラン・モーズリー、ガールフレンド:ソフィア・ハードリー、幼年の王子:ギャブ・パーサンド。今日はピーター・ファーネス(前回執事)がイタリアのエスコートだった。ファン・ダンサーにキャンディス・エヴァンス(美しい、足きれいすぎ)、キャスト表によると、あれ、リー・ダニエルズも出てた?気づかなかった。
4回見て全部違う組み合わせのスワン&王子っていうのは、かなり効率よい?
これでやっと気が済んだ。
満足度では今回見た中では今日が最高かも。

素晴らしい舞台をありがとうね!カンパニーの皆さん。
マシュー・ボーンにも見せたかったな、最後のカーテンコール、スタオベの嵐、金銀の吹流しが舞台上からと両袖からクラッカーみたいに弾けて飛び出す仕掛け。知らされてなかったのか、ダンサーたちもオケピの皆さんも本気で驚いてた(笑)
羽根が天井から降ってくるのは前回と同じ。でも今日は終演後ホール出口でも配ってる!と聞いてわたしもいただいて、というか拾ってきました。記念に…。

↓拾ってきた羽根+ガールフレンドが劇場で食べてるお菓子の袋(英国から「危険」見にきたお友だちにもらった)ごめん、ホセ切れちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月27日 (水)

やばすぎ

ちょっとぼやっとしてたら重要なニュースを見逃してました。
醍醐も閉鎖??なんですと?
ありえない…。
どどどどうするつもりですか~??<誰に言ってるかすでにわからない
由希奈ちゃ~ん(涙)
こうなると次は…?と考えるのも背筋が寒くなる。
とーとつなようですが国がもっとスポーツや文化を大切にしてくれればいいのにと思う。。というか、大切にしないからこういうことになる。

今朝早く、母から電話。
「電車は一両目には乗らないように」
ははは…(力なく)
しかしついにJR始まって以来の大惨事に。日常が一転、修羅場と化す怖さ。
関西方面の友人たち及び関係者は無事だろうか?巻き込まれてたりしないといいけど。

会社でそろそろ帰宅モードになってるときに珍しく自宅から電話。あれ?ルドルフ、なんで?
何かと思えば「PLUTO2を買わないように」
はいはい、わかってますよ。前回だぶっちゃったから今日は朝本屋で見かけたけど、ぐっと我慢したのです。
帰ってさっそくチェック。
アトムかわいい。
犬型パトカーは一般公募だったのか(笑)

やらなきゃいけないことはたくさんあるのだけど、なんだか気持ちが浮ついていかん。
明日は白鳥東京公演最終日。結局ソワレ見ることに。
さてこれでケリ付けられるといいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月26日 (火)

電車事故

今朝都合によりいつもより遅れて家を出たので10時少し前に事故の第一報を目撃、気にはなったけど職場ではそこそこ忙しかったため、帰宅してからニュースをチェックしたら、すごいことになってました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、まだ車内に閉じ込められてる乗客が少しでも多く無事で救出されますように。

まだメールの接続状況が不安定です。
お返事できてない方ごめんなさい。もうちょっとお待ちください~。

久~しぶりに魔法ページを更新しました。
といっても去年書きかけになってた雑文に手を入れただけですが。
はっきり言ってイタイです。ご注意ください。<どうしろと?
白鳥については、もうあと一本書いて決着(?)付けないと、「危険」に進めない。
シルフィード・ページにもぼちぼち着手しないといけないし~。<あちこちからプレッシャー、追い込まれている

今週末発売になるチケットをチェックしてたらドラクエ・コンサート発見。日程見たらダメじゃん?!思いっきりお盆だし。ルドルフに今年は無理だね、と言ったら、ドラクエⅧ初演なのに!と憤慨。悪いけど、わたしだってルジさん公演をあきらめたんだから、あーたにもあきらめていただきます(きっぱり)
でもこの前実家に電話したところでは、まだ法事の日程決まらず。どうでもいいから早く決めて。

あちこちのカタログ眺めてるんだけど、母の日のいいプレゼントがみつからない。

書き忘れ。
日曜日のジャンクスポーツに章枝ちゃんが紅一点で出演してました。予告によると次回も出演するみたい。

カレンダー3つも目の前にぶら下げてるもんだから、うっかりして英ロイヤル・カレンダーが3月のままなのに今ごろ気づいた。4月がProverbだったのに、もうすぐ終わってしまうではないか?!このために買ったんじゃあ…。

またとりとめなくなってきたのでもう寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月25日 (月)

コミュニケーション能力不全症候群?

また違う話かもしれないけど、会社の同僚で長い期間在宅勤務だった女性が最近うつ病と診断されて休職中なのね。確かに専用回線でネットワーク繋がってて、職場にいるのと同じ環境で仕事できるからってそういう勤務形態を希望したんだろうけど、わたしが思ったのは、やっぱり相手の顔を見ないで仕事するのは不健康だってこと。たとえその相手が嫌なやつでも、たくさんの人と関わるのがストレスだろうとも。嫌でも顔見て話してコミュニケーションする経験値を積むことが人間には必要なんじゃないかなーと思った。

それにしても、以前は「健康」であることが普通なのかと思ってたけど、最近まわりを見渡してみると心か体かその両方か、病気な人の方が圧倒的に多いような気がしてきた。

とりとめなくなってきたところで終わります。


↑の話と↓の話は、大人になったら大人になるのが普通だと思ってたのに普通じゃなかった、っていう繋ぎが抜けててまったく脈絡ない話題になってしまった。失礼しました。
あれ?「コミュニケーション不全症候群」ってどっかで聞いたような気がしてたけど、中島梓だったか。初版は1991年。読んだよね?わたし。<人に聞くな!
この帯コピーはまるでエヴァンゲリオンだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと前に書きかけた本の話の続きを

「対岸の彼女」角田光代(文藝春秋社)
第132回(っていつ?)直木賞受賞作らしいのだけど、最近はめぼしい文学賞の受賞ニュースすらチェックしてないので、初めて見る作家。
腰巻(帯)コピーは「大人になれば、自分で何かを選べるの?」
女性ならば特に、誰でも身におぼえのある小中学生時代(場合によっては高校でも)友だちどうしの陰口や仲間はずしや意地悪を大人になっても職場や地域社会で再び体験してうんざりしたことがあるだろう。
いったいいくつになったらわたしたちは本当に「大人」として気持ちよく暮らしていくことができるんでしょうね?
子どものときから友だちづきあいが苦手で、結婚して子どものいる今でも公園デビューに悩んだり、仕事場での陰口や裏切りに傷ついたり、夫や義母の配慮のない言葉にムカついたりする小夜子に、子どもを持って働く母親ならきっと共感するはず。
一方で、小夜子と同級生ながら高校時代に女友だちと家出して「事件」を起こし、苦い思い出を胸に秘めた独身で起業家の葵。今風に言うと負け犬?この二人が出会い、誤解や思い込みを乗り越えて心を通わせるまでの物語。
後半繰り返される問い「私たちは何のために歳を重ねるのだろう?」に対する答えが個人的にかなり身にしみた。

生活に逃げこんでドアを閉めるためじゃない。
また出会うためだ。
出会うことを選ぶためだ。
選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ。


ほんと人間って進歩がないなーと思う。
自分自身のことをふりかえっても今の悩みは中学生の頃とたいして変わらんし(爆)
きっとこれってさー、もしかしたら一生変わらないのかもしれない?と思う。
50過ぎても60過ぎても90になっても中学生みたいな恋をして中学生みたいに友だちどうしで意地悪したり気遣ったり、妬んだり逆恨み(笑)したりしてるんだろうな。悪意がなくたって傷ついたり傷つけたりすることはあるんだし。
でもそれがつらいからって、人との出会いを避けてたらもっと進歩がないし。
ただ年取ったら少しは上手に自分で自分のお守りができるようになりたいとは思う。

まだもうちょっと続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い、のだろうか?

いくら寝ても疲れが取れないばかりか、変な夢ばっかり見てしょっちゅう目が覚めるもんだからちっともよく寝た気がしない。
と文句言いつつもそもそ起きたのが午後1時(笑)いくらなんでも寝すぎ。
駅前のフォーリスで用事をすませて、帰宅してみたらルドルフはまだ寝てる。あんた夕べいつ寝たの?
マグロの中オチ一山500円だったので思わず手を出したが、二人ではさすがに食べきれず。ああ、もったいない。

DVDの整理続き。
昨日のEX見直したら、さすがにコストナーやちびサちゃんは入ってたけど、ジョニーくんがなかった(泣)
クワンは入ってるのに~。まあ女子は章枝ちゃん(5位)まで入れるので特別でしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月24日 (日)

今度は男性誌

宝箱出版物編にはすでに追加してありますが、本日発売のUOMO6月号にアダム写真記事あります。(情報ありがとうございました~)
表紙に「天才ダンサーの跳躍 アダム・クーパー」の文字がありますが、中身のタイトルは「アダム・クーパー--艶めく男の危険な陰影--」入稿時期がずれちゃったのかな?
どうでもいいけどサンローランのコート翻し(OYTポスターと逆向きバージョン)ポーズがめちゃくちゃかっこいいです。アルマーニの光沢のあるパンツも素敵。額縁の絵から抜け出てきたみたいな構図はひょっとしてアダムの発案だったりして。(そういうの好きそう~)
やっぱり足だけより顔が見える方がいいです。
しかし、これ公演中に撮影したんだよね?舞台セットそのままだし。舞台にも立って、マスコミの取材を受けたりプロモ活動もしながら、こういうお仕事もしてたわけだ。驚異的なスケジュール、お疲れ様~。

今日たまたま会ったアダム・ファンに教えたら、みなさま即お買い上げいただきまして、結局自分も含めて6冊売り上げました。集英社からマージンもらわなきゃ(笑)

JT RootsのテレビCMで"Don't Worry, Be Happy" が使われてると思うんですが。公式サイトにはまだアップされてないみたいですが、なんとなくうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだだめ

今日はもし元気だったら白鳥マチネ見ようかな?と思っていたんだけど、朝目をあけた瞬間「当日券に並ぶ気力体力なし」と判断、即寝なおしました。
でもオーチャードで人と待ち合わせしてたので、マチネ終演より少し早めにBunkamuraに到着、ミュージアムでベルギー象徴派展を見てきました。物語のある絵が好きなので、聖書や神話を題材にした、ちょっと神秘的でやや淫靡な絵がたくさんあってかなりいい感じ。
気に入ったのは、ポスターにもなっているクノップフの「アクレイジア」「プリトマート」(3部作でもう1枚は未完とか。イメージだけでも見たかった!)、「聖アントニウスの誘惑」(モローのサロメ・シリーズにちょっと似てる)、デルヴィルの「死せるオルフェウス」(う、美しい…)、フレデリック「聖三位一体」(精霊を表しているらしい鳩を頭にのせて泣いてる女の子と、かじったりんごと海蛇を踏んづけてる意味が不明ですがなぜか印象的)あたり。
美術館はひょっとして昨年6月ロンドンのナショナル・ギャラリー↓以来かもしれない。



で、その前はさらに1年前のテート・ブリテン↓だったような。



ほんとは3回の英国旅日記書くつもりで写真の整理だけはしてあるんですが~。いつになるやら。

渋谷着いて、駅前のQ-front大型ビジョンで踊るストレンジャーをいきなり見たときには、あ、アダム??と錯覚。もちろんジェイソンでした。Bunkamuraではチケット売り場の前でロンドン公演オープニング・ナイトのビデオをエンドレスで流してるし。これももうすぐ終わりなのね。
聞くところによると今日はマチネもソワレもチケット完売、当日券は立ち見だったそうで、2年前を思い出した。
そういえば20日見たときの席がちょうど立ち見の一番前のボックスの真下付近だったので、思わず見上げたら2年前の自分の幻が見えたような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月23日 (土)

すみません

いくつかネタはあるんですが。
どうも気力がわいてこないので、メモのみ。
今週読んだ本。「対岸の彼女」角田光代(文藝春秋社)今風のテーマ。けっこう身につまされるものが。
最近はまっているテレビ番組。フジ721で再放送中の「うごうごるーが」音の博物館が傑作。
今朝のWOWOWプルミエールでマシュー・ラシルの紹介14秒。リハ・シーンは見たことない場面だった。
気になってる、書きかけのあれとかあれとかあれとか。
頼まれ仕事もまだ終わってないし。

何だろうな?今週は仕事も比較的おだやかだったし。
何でこんなに疲れてるんだか。
やっぱり白鳥の毒気に中てられたか?

寒い。
お風呂入って寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月22日 (金)

とっくに

すみません。気がついたらもう6万アクセス突破してました。
皆さま毎度ありがとうございます~。
キリ番踏まれた方からのご申告がなかったときのために、よかったら近い番号踏まれた方もお知らせください。一番近い方に*粗品*差し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ疲れてます。

白鳥について何か書こうとすると、なぜか意識が遠のく。
この現象、2年前と変わらず。

今日は時期ハズレにマシュー・ラシルの追加チケットなど取ってみる。あんまり良い席は残ってなかったけど。それにまた始まってからいろんな特典付きのチケ売り出しがあったりしたら、と思うとそんなには手が出ないし。
先週のDOIのアイクリ先行予約は電話もしなかった。
行く気があれば当日券でも入れるでしょ。って甘いかな?

帰ってからはとにかくワールドHD録画のチェックと編集。
今日は男子だ。ジョニーくんはやっぱりきれいだな~。
さあ、素材はそろった。後はひたすら切って張って、切って張って。

ひとつお知らせ。
昨日からまたメールの取り込みができなくなってます。
ちょっとした連絡事項ならさっと反応できますが、ややこしいメールは後回しになりますので、あしからずご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月21日 (木)

白鳥3回目

やっとジェイソン&クリス。
生オケ効果もあって、今日は今まで見た中で一番盛り上がった。
平日にもかかわらず、客席もほぼ満席。
女王さま:ニコラ・トラナ、ガールフレンド:ソフィア・ハードリー、執事:ピーター・ファーネス、幼年の王子:ギャブ・パーサンド。
いい感じにシャッフルされたキャストで、これでまだ見てないのはニール王子のみ。う~む、なぜだ?

なんかすごく疲れてます。
見てる間は、ものすごく感動してて、ああ、これ日記に書いておこう、とか考えながら見てたりするんだけど、後で思い出そうとするとどうも紗がかかったみたいにぼや~っとして考えがまとまらない。
とりあえず寝ます。
ワールドが全然見られない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月19日 (火)

記事が消えた?

三つ下にCASKET出版物編を更新した話(relaxNo.99追加)を書いたつもりになっていましたが、消えてました。
というか、書き込み失敗したのかも。
たまにあるんですね。気づかなくてすみませんでした。
でも何書いたか忘れちゃったよ~。
アダムの背中とすね毛に関する考察(笑)だったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふと思い出し笑い

昨日スマスマにヒロシが出てて、BGMが「ガラスの部屋」だったんで爆笑してたら、ルドルフに「いつもこれだよ、知らなかったの??」とバカにされた。なんでよ~。
昔学生時代にはよく純喫茶(死語?)のBGMでかかってたし、高1のとき自作自演の舞台(爆)でも使ったくらいけっこう好きだったのよ。今は懐かしいの半分、下腹に響くボーカルのレトロさが可笑しいの半分ってところ。ヒロシはなんでこの曲を選んだんでしょうね?
しかし検索してみても映画のことはなかなか出てこないのね。
gooの映画情報とか。IMDBの情報もたったこれだけなんだ。
実は映画は見てないんだけど、ロードショーとかであらすじだけは知っていて、同級生に「三人で寝る話」と言ったら引かれました(^^;)
こちらの喫茶店サイトポスターイメージありました。ガラスってすりガラスだったのか。
主演のレイモンド・ラブロックは当時日本でもけっこう人気で、チョコレートのCMとかにも出てたような気がする。わたしはもみあげがダメでしたが。同時代の外タレアイドルではジョン・モルダー・ブラウンが好きだったかな。でも「初恋」では相手役のドミニク・サンダに目が釘付け。きれいなお姉さんに弱かった。
あれ、何の話だっけ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

relaxつづき。

この号は全体的にダンス特集になっていて、Shall We Dance? というサブタイトルも付いてるくらい。
日本一バレエを見ているかもしれない映画監督、周防正行さん(草刈さんの影響で月に2回は見てるそうだ)が選んだ「今体感しておかなければならないダンサー12人」の中にルジさんが入っていて、そのコメントがとても興味深いので勝手に引用させていただきます。

「こんなに悲しい『海賊』を見たことはありませんでした。『海賊』のPDDは派手な踊りとしか思っていなかったのに、彼の『海賊』で意味を持つ作品だと理解できました」

そうそう、ルジさんが踊るとその作品に新しい意味が加わるの。気づいてくれてうれしい。
その他12人の中には、草刈民代(トーゼンか)、ナチョ・デゥアト、コジョカル、ラトマンスキー、アンヘル・コレーラ、金森譲、井出茂太、藤間勘十郎、等等。結構硬派なラインナップね。
金森さんの特集はニューヨークを背景に12ページも割かれてます。かなりかっこいい写真ばかり。
この方はまだ見たことないんだよね。今度機会があったらぜひ。

さて、ワールドの予約、今週分全部すませたぞ~。
全米の整理もあとちょっとだし。
がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日からのワールド放映に備えて

せっせとHDDとDVDの整理。
パリオペはちょっと置いといて、今ごろやっと録画した「キーロフ・セレブレイツ・ニジンスキー」を見る。ザハロワとの組み合わせでシェヘラザードはどうなのかな?と思ってDVD買うのを控えていたんだけど、いやいやいや、いいじゃないですか~。マハリナさまとは違うけど、宦官長からカギ奪うところも「いいからおよこし!」と有無を言わさない態度も女王様然としてて、ルジさんも足でもなめそうなくらい(笑)はいつくばって奴隷奴隷しちゃってるし。悲愴な愛というよりは文字通り恋の奴隷?(笑)<古
それにしてもキーロフのダンサーって、コールドでもひとりひとりみんなあんなに身体しなってすごいわ~。
コルプの薔薇の精、遠目ではOK(笑)すごいきれいな身体してるのね。今まで顔でひいてたので気づかなかった。<酷過
ヴィシニョーワの火の鳥、かっこよすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月18日 (月)

カウンターが

満1年になる前に6万アクセス行きそうな感じなのです。
5万のときはご申告がなかったのですが、6万踏まれた方、よろしかったらお知らせください。(もしかしたら)何かいいことがあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月17日 (日)

ステッピング・アウト

ちょっと検索してみたら舞台版もあって、日本でも前田美波里さんとか木の実ナナさんとか主演で公演してるのね。良い素材だものね。

その他現実逃避的にだらだら流し見した映像。
パリオペラ座シリーズ「放蕩息子」「パキータ」「エトワールの夢~ラ・バヤデール」「エトワールの夢~ライモンダ」さすがおフランスって感じ。きれいでお洒落でスマートで。
ヌレエフってすごい人だったのね…。今さらながら見逃したのが悔やまれる。せっかく同時代に生きてたのに。


もうすぐなので、しつこくスケートトップにワールドの放映予定をアップしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タップダンス

そろそろ期限なTSUTAYAのお誕生日サービスで「トレイン・スポッティング」でも見ようと思ったら、相変わらず目的のビデオがどこにあるかさっぱりわからなくて発見できず。TSUTAYAは店内検索システム導入すべき。
なんとなくダンス・ミュージカルのあたりをうろうろとチェックしていてふと目について手にしたのがライザ・ミネリの「ステッピング・アウト」(1991年)。ダンサーになる夢破れて小さな町でタップを教えているライザ・ミネリと生徒たちがチャリティ公演の舞台に出ることになって、、、と聞いただけでもう「感動のラスト」が見えてしまう。でもこのテープに着目したのにはちょっとした訳がある。
フレッド・アステアもジーン・ケリーも、あのアダム・クーパーでさえ(笑)タップ・ダンスへの興味を持たせてくれなかったのに、先日見た韓国映画「英語完全征服」でタップを踊っていた英語教師の姿がチラチラしちゃって。バーの「わたしの特技」コーナー(そんなもんがあるのか?!)に飛び入り参加して突然踊り出すんだけど、それが何とも楽しそうで。なんか自分でもできそう、というか踊ってみたいと思っちゃったのよね。
それで思わず「タップ」という言葉に反応してしまったんだけど。
見てみたらやっぱりおもしろかった。初めどーしよーもなかった生徒たちがだんだん踊れるようになるところは「フルモンティ」とか「リトルダンサー」とか「Shall We ダンス?」にも通じるものが。あ、そういえばリトルダンサーの先生、ジュリー・ウォルターズもきれい好きな主婦の役で出てました。別人みたいに若い。
最高にかっこいいのが、ライザ・ミネリが振付を考えているうちに思わず身体が勝手に動いて昔代役で主演した舞台の踊りを踊ってしまうところ。陰で見ていたジェーン・クラコウスキー(アリーMyラブのエレイン)と一緒に思わず拍手しちゃった。あれ、このシチュエーションどっかにあったな?(笑)
伴奏のピアニスト役でシェリー・ウィンタース、懐かしい!「ポセイドン・アドベンチャー」の水の女王、水中の勇姿は忘れられない。
このおばちゃんたち(男性も一人いる)を見てるとなんか励まされる。
タップをやってる友だちが、タップは絶対見るよりやる方が楽しいって言うんだけどさ~。う~ん(悩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月16日 (土)

髪を切った。

と言っても元々短いのでちょっとだけ。

日本テレビ「瑠璃の島」初回を見る。
何はともあれ海がきれい。
実話が元というか、実際に過疎に悩んで再生を果たした島のドキュメントが原作らしい。
人は誰かに愛されたり必要とされたりすることが生きてくのに絶対必要。母の愛は海より深いなんて大嘘。子どもが親を許す許容と愛は果てしなく広い。そういうお話。白鳥みたい。
捨てても捨てても戻ってくる、捨てられても捨てられても戻っていく。そういう愛。白鳥みたい。

主役の子は小学生には見えないので、実年齢はもっと上なんだろうと思ったら、ほんとに11歳なんだって。すげ。

たった50人の島に、何にもないけど学校はあるって実はすごいことなんでは?
教育を受ける権利を保障する憲法26条の威力って。
その憲法と抱き合わせで変えられようとしている教育基本法について本日3回目の学習会。
現場の先生からお話をうかがって、教師にも子どもたちにも余裕のない実態を知って暗澹たる思いに。
学校がどんどんつまらない場所になっていくのが悲しい。
そこで聞いてびっくりしたんだけど、みどりの日を昭和の日に変えるという法案が衆院を通過したんだって。そんなもんあったことも知らなかった。日中関係が悪くなったおかげで参院での審議ができないでいるとは皮肉な話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BS1 週刊シティー情報

本日の週刊シティー情報、白鳥映像があるというのでチェックしたら、きゃーきゃー、ウィルの丸ビル映像も入ってました~♪
ロンドン公演の舞台映像も!

あー、でも映画出演後のダンス復帰は兵士の物語が先ですから~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月15日 (金)

今日の話題

今朝の朝日新聞でアナウンスされたみたいですが(取ってないので見てない)この秋のコンサート・スケジュールがマキシム・ニュースにもアップされました。ひぇ~、すごい。
東京都内だけでも5回、横浜、川崎まで入れると首都圏で7回!地方公演も大阪や名古屋はともかく、石川、大分、長野!札幌、新潟?!移動も大変そう。ほとんど毎日移動が入ってる。
身体に気をつけてな~ (; ;)/~~

帰宅してさっそくスタジオパーク録画をチェック。
ウィル・トーク、15分以上もあって、昨日もちょっと見た英国公演の舞台映像やリハーサル風景、それにスタジオでちょっと踊ってくれたりと大サービス。正装キルト(結婚式の新郎衣装らしい)なのもうれしい~(涙)
そういえば昨日のノッポン振付伝授のときに、キルトの下は何着てるの?と興味津々のウィル、あなたは何を着けてるのか、と逆に聞かれ「正式にはスコットランドの人々は何も着けない。ぼくが何を着けてるか劇場に来て確かめて」おっとぉ~。いいのでしょうか、そんなこと言っちゃって(笑)
ちなみに今までわたしが見たラシルのジェームズは黒っぽいサポーターかキルトと共布のパンツはいてた。と思います。いや、だってついチェックしちゃうよね ^^;;

ウィルは皇居の桜は見たそうだけど、増上寺の桜↓は見なかったのかな?かなりハゲチョロでしたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーとお月さま


さらに続く。

ここで東京タワーのマスコットノッポン登場。スカートはいてるから女の子かと思ったらキルトでした(笑)
そしてあこがれのウィルに振付を教わりたいと言うので、会場の参加者も一緒にバーでの踊りを習いました。これで本番でも劇場でみんなで踊れます(笑)

10人ずつまとまって記念撮影して、ウィルに勝ったらウィルのサイン入りプログラム(英国公演)がもらえるというジャンケン大会があって、おしまい。(ん?逆だったかな)
これで約1時間。
ああ、楽しかった。
あ、夜景見てくるの忘れた!(爆)
でもいいんです。わたし高所恐怖症なので、、、

WireImageにシルフィード・カフェのイベント写真がアップされてます。ちっちゃいけど。東京タワーのもアップされるかな?

レイアウト調整のため、ついでに書きこんでおこう。
マシュー白鳥関連番組。Bunkamuraサイトのニュースによると、
4/16(土)18:10~18:50 NHK BS-1
「週刊シティー情報」内で公演映像と首藤康之のコメントを放送予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タワーから、続き

ここは夜景がきれいでカップルにも人気なんですよ、と司会者が言うと、ウィルは「今日のぼくはこんなにたくさんの女性に囲まれてその夜景を楽しめてラッキー」(笑)
そして東京タワー初めてなので、「ここはどのくらいの高さなの?」と逆に質問。333メートルと答えていましたが、それはてっぺんの高さです~。1階展望台は公式サイトによると145メートルだそうですから。誰かウィルに後で教えてあげて。

わたしが挫折した丸ビルのカフェ・オープン・イベントでも同席したオスギはロンドン公演も見にいったらしく、ウィル主演の日の舞台と取材映像をビデオで見せてもらいました。
これは近いうちにテレビ東京で特番の放映が予定されているそうで、イベントページをチェックしてくださいとのこと。
オスギについては「他の団員からいろいろ話は聞いている。一緒に食事したり飲んだり、ドンチャン騒ぎ(go wild)も。熱烈に応援してもらって本当にありがたい(respect)と思っている」とのことです。

参加者からの質問と答え。メモ取ってないので不正確だと思いますが。
Q.好きな日本の食べ物は?
A.前回ユニバーサルスタジオで発見した「お好み焼き」
Q.映画の撮影期間は長いと思うがその間どうやってダンスのレッスンも続けているのか?
A.良い質問だ。確かに撮影中にクラスレッスンは難しい。でも最近ヨガが良い代わりになることがわかったので、移動中はいつもヨガ・マットを持参している。
(そういえば13日はどこかのヨガスクールで特別レッスンがあったらしい)
Q.自分がスターに質問する立場だったら何を聞いてみたいか?
A.時差ボケの対処方法。今回時差ボケがひどくて2時間しか寝ていない。
司会者:ご自身はどうなさってるんですか?
A.本を読んだり、テレビを見たり、、、でも何言ってるか全然わからないけど(笑)
Q.同じ役のダブルキャストの相手と役の解釈について意見交換したりするのか?
A.リハーサルでは話し合う。また、相手役とも組み合わせによっていろいろ変える自由が与えられている。だから皆さんには最低2回はぜひ見てほしい。キャストが毎回違うので、その組み合わせごとの違いを楽しめるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きは無理だった

昨日の夜は日記の下書き書きかけで寝てしまった。
最近こういうパターンが多くて。
書きかけのメールとか、書きかけのレポとか、書きかけの日記とか(笑)

以下昨日の日記です。
朝起きられたら丸ビルのカフェ・オープニング・イベントの整理券取りに東京駅まで行こうかなと思ってたけど、朝6時半に目覚まし鳴って目を開けた瞬間「ムリ」と即断。もう一回寝る(笑)
でも!東京タワー・イベントには行くことができました!
やっぱり宝くじ買った方がよさそう?(笑)
初めて間近で見る生ウィルは、黒いシャツに革ジャン、ジーパンとラフなスタイル、長旅の時差ぼけと過密スケジュールのため2時間しか寝ていないとかでかなりお疲れのご様子。でも相変わらず受け答えにユーモアと誠実さがにじむすてきな人でした。
司会の女性が、ウィルの出演日の言質を取ろうとして日本公演中に28歳の誕生日を迎えることから、その日や前日はジェームズみたいにはめはずすのか、とか、思いっきり踊っちゃおう!みたいなこと考えてるか、とか盛んに粉かけるんだけど、ウィルには通じてるんだかどうなんだか、良い言い訳になるのでちょっとはお酒も飲もうかな、くらいの反応しか返ってこなくて笑っちゃいました。
その前にマシュー版ラシルの紹介をと言われてざっとストーリーを話してくれたとき、ウィルもお酒飲むのかという質問に、飲むけどこの公演始まってからはハード(tough)なので一滴も飲んでいないのが皮肉だ、みたいなことも言ってました。

ちょっと話が前後しますが、会場は東京タワー展望台の1階、Club333という小さなイベントスペース。普段はここでライブなんかもあるみたい。オープンな場所で、招待客だけじゃなく一般の観光客も自由に入れたので、修学旅行の学生さんとかも見てました。(もったいない?)
参加者はだいたい70人くらいかな?みんな立ち見で、ステージの上にはウィルと通訳さんのためのストゥールが置かれてました。背景にラシル・ポスター2種類。ウィルのアップで手のひらから蝶が逃げるイメージのと、ジェームズ・リース&ケリー・ビギンのPDD写真の。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月14日 (木)

見間違いじゃなかった。

マスク2公式サイトにテレビスポット、伊藤みどり編がアップされました…。
トリプルアクセルじゃなくてトリプル・みどり(伊藤みどり、五月みどり、うつみ宮土里)でした(笑)
TRAILERから選択してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚書いくつか

Bunkamuraであさってからベルギー象徴派展が始まるんですよね。前回ポスターみかけて、見たいなと思ってたので、今週末行けたら行くつもり。最近なかなか絵を見る余裕もなくて寂しかったので、なんとかして時間作りたい。

もうウィル来日してるんだよね~、と情報チェックしてたら、CINEMA@PLALAのヴァンヘルシング紹介ページにウィルのインタビューがあるのを今ごろ発見。インタビュー中の様子がおもしろい。

マキシム・ネタもうひとつ。11月のソロコンサートの詳細は、15日の朝日新聞に掲載されると会場ロビーでご案内してました。

何回言ってもここに書いても誰も信用してくれないんだけど、わたしは面食いじゃありません。マキシムはたまたま?美形なピアニストだけど、その容姿以上に惹かれるのはピアノの力強いタッチです。音の響きの持つ力に圧倒される快感というか。音楽のことは何も知らないけど、ただ素直にすごいと思う。もちろんオマケ(笑)として美しいものが付いてくるのは大歓迎。
プログラムのインタビューで「あなたの魅力は何だと思いますか」と聞かれて「クラシック音楽をよりわかりやすい(more approachable)方法で伝えているから」と答えているのを読んで、繰り返しバレエを「more accessible」なものにしたい、と語っていた誰かのことを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マキシム+モスクワ・フィル

結局今年はお花見ってしなかったな~。この前の日曜日に自転車で買い物がてら競馬場を一回りと桜通りを走って終わり。

六本木一丁目からテレビ朝日に向かう坂道の桜もすっかりはげちょろで雨に濡れていた。
初めてのサントリー・ホールです。
こじんまりしたホールでなかなか居心地よさげ。
池袋の芸術劇場も舞台サイド上部まで客席があってびっくりしたけど、ここは裏側まであります。つまり舞台の周り4面に座席が。後ろから見るオーケストラってどうなんだろう?
ピアノが舞台中央に客席ぎりぎりくらいまで置いてあるので、こういう場合、指揮者ってどこに立つんだろう?それともコンサートマスターが兼任でいないとか?と謎に思っていたら、ピアノの向こう側に指揮者台がありました。狭そう!

マキシム演奏は、大阪・横浜と同じラフマニノフのピアノ協奏曲2番。アンコールはボヘミアン・ラプソディ。マキシムは相変わらず上から下まで黒で決めて、トップスはうっすらシースルーな胸ポケット付きカッターシャツ。ボトムスは釘打ちのベルトにスリムな黒パンツでしたが、裾がジッパーで開きっぱなし。どこかで見たような。<もちろんジャージじゃありません。
髪の毛は昨年のスカンクメッシュはやめてやや明るめのブラウンでした。演奏中は大きな手と指先の繊細な動きに目を奪われ。美しい。やはり目の保養でした。いやいや眼福眼福。

第2部はチャイコフスキーの交響曲3番ニ長調「ポーランド」という曲でしたが第一楽章モデラートは白鳥にそっくりじゃありませんか?こちらのアンコールは白鳥でもくるみでもなく、最初と2番目がテレビCMでもよく聞くような有名な曲(でも題名わからない)。3,4曲目は全然知らない曲でした。
指揮者はユーリ・シモノフさんとおっしゃるらしいのですが、アンコールではほとんど踊ってるみたいにノリノリでうれしそうでした。最後の曲のときチェロの弦、というか弓の弦が切れてしまって数本垂れ下がった形で弾き続けていましたが、最後はそのはみ出した弦を引き切ってました。いいの??

プログラムとCDまたはDVDを買うとサイン会に参加できるというので、もちろん買いました(笑)昨年の日本公演映像が収録されたDVD。
プログラムって、公演プログラムかと思ったらマキシムのフォトブックでした。すごくいい写真がいっぱい。でも1000円。
サイン会の人出すごかった。500人くらい?並んでたような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月13日 (水)

そそくさと帰って

録画タイマーしておいた日本テレビニュースプラス1とテレビ東京レディース4をまずはチェック!
…クロアチアがヨーロッパ最後の秘境?(笑)
手がでかいからってマキシムにコインつかみ取りゲームやらせるなんて。何か間違ってる。と言いつつわたしの手もけっこうでかいので思わずキューガーデンズで買ってきた物差しで測ってみる。18cmでした。マキシム21.5cm。やはりでかい!ちなみにルドルフ20cm。
レディース4の生出演では、コリブレとショパンのノクターンを演奏。インタビューも合間にお知らせはさみながら結構長め。特に目新しい話題はなかったけど。他に横浜コンサートの映像、ロンドン・デビューコンサートの映像なんかもちょっとだけ。
さて明日はほんとの生演奏だ!楽しみ♪

イープラスからのお知らせで、熊川哲也の次回公演が放蕩息子と知ってぶっとぶ。そう来たか。
ぶっとんだといえば、マスク2のCMにみどりちゃんが、、、。いくらみどりだからって。見間違いであってくれ。ああ、眩暈…。
もうひとつぶっとび。電車の中吊りで安藤美姫ちゃんの名前があっちにもこっちにも。プレイボーイはともかく、週刊朝日の扱いに怒り心頭。何なの、あの見出しの大きさ。4回転が跳べてない、って要するに回転不足だってことと、ここ1,2年で身長や体重の変化についていってないって言いたいらしいんだけど。元コーチとか現コーチとか某有名コーチとかのコメントの使い方も恣意的な感じでいやらしい。
余計なこと書かれるくらいならマイナースポーツのままでいいよ。。。

1枚だけプリントしようとしただけなのに、気がついたらデジカメ写真のメディアすべてのバックアップと整理を始めてるし。おかげで目的のプリントはまだ。

並行してDVDを1枚焼こうとしたら、レコーダー購入してから初めてDVD-Rでエラー!うそ~ん。今までRAMは相性悪くてなかなか認識されないことはあったけど、-Rは大丈夫だったのに。泣きながらやり直し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月12日 (火)

小ネタいろいろ

先週のCOACHのチャリティ・コンサートの記事これとか、これとか、これとか。
これには写ってないけど、中島美嘉、はだしです。
あとちょっと姿勢悪いです。そんなことが気になるなんてやっぱりバレエ見すぎ?(笑)
あの声質はとても好きなんだけどね。
最初にこの子を見たドラマ、何だっけかな?不幸な育ちの女の子が歌手として成功するまで、みたいなお話。声もだし、目に力があるというか、眼差しの強さにキョーレツな魅力を感じた。
最近見た何かの番組で「魔女みたい」とか「目線で消されそう」とか散々なこと言われてたけど(笑)
「目」のいい人(視力がよいという意味ではない)には強く惹かれます。

サドラーズで3月に公演のあった「眠りオンアイス」についてのコメントを読むかぎりでは、やっぱりインゴ・シュトイヤーは出てなくてマンディ・ヴェーツェルだけなのね。誰かがインゴならコーチ業が忙しいからアイスショーなんかには出ないでしょうと言ってたけど、好きだったペアが別々の活動してるのを見るのはちょっと寂しいなぁ。でも二人ともスケートに関わってくれてるところはうれしいけど。

劇場ではついに見る機会のなかった「阿修羅城の瞳」映画版がもうすぐ公開される。すっごい楽しみ。よかった、TOHOシネマズも劇場リストに入ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと100日

っていうのはトップのカウントダウンですが。
このスクリプト、英国時間にセットしたかったんだけど、よくわからなくてとりあえず開いた人のパソコンで設定した時間で表示されるようになってます。だから、いまこの時間英国の方がアクセスしてくれたとしたら、まだ101日ってなってるはず。

雨の月曜日、朝はそんなでもなかったのに帰りは寒かった~。
ずっと暖かかったのに急に寒くならないで(怒)
上司は週末から石垣島でのんびりしてるし、今月は特別きびしい納期もないし、今日は静かに過ぎていくはずだったのに、ぼちぼち帰り支度を始めたとたん、オンライン受注が立て続けに。しかもエラーアラートが20通以上。ひ~。自動処理のはずが完全マニュアル対応でバタバタやってたら結局いつもとおんなじ。

風邪だか花粉症だか結局はっきりしないまま、一応ほとんど復活。したと思う。まだちょっと咳が出るけど。しばらくお腹にも来ていたのでやっぱり風邪だったのかな~?両方かもしれない。
えーと、何か更新ネタあったような。
でも頭が回らないので今日はこれだけでごめんなさい。

あ、思い出した。昨日でバレエ・サイト2周年でした。
よく続いたというか、たったの2年というか、あの頃のひとつひとつの出来事や映像は鮮やかによみがえるのに、なんだかはるか昔のような不思議な感覚。アダムは白鳥からどんどん離れていってしまったし、わたしはどこに向かっているやら。迷いっぱなしでいつまで続くかわかんないけど、とりあえずこれからもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月11日 (月)

長旅お疲れ様

ニュースにはアップしておきましたが、白鳥さんたちの「渡り」予定すごいです。米国ツアーの前にこの秋から再び英国ツアー(7都市)そして新年にかけてパリ公演。このツアーのキャストは昨年からのツアー・キャストと同一かどうかは不明です。年明けまでとなるといずれにせよ契約更改でしょうね。NAメンバーはともかくスワンや王子や女王さまはどうなるか?
あ、だからシザーハンズの予定が遅れたのか?!

DanceCubeが律儀に更新されてます。エライなぁ!
英国情報ではハイランド・フリングのレポも。友谷さんの「踊りある記」にもツアーの様子が。
ん?サドラーズ、アダムの夏って、去年はOYTじゃなくて「雨に唄えば」なんですけど。というかOYT自体サドラーズじゃないし~。と突っ込んでみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マキシム週間

チケット買ったときははるか先だと思っていたマキシムのコンサートが今週水曜日に迫ってきました。
すでに行われた大阪(シンフォニー・ホール)でのコンサートと本日横浜(みなとみらい)でのコンサートの様子をお知らせいただきました。ありがとう~!
今回はモスクワ・フィルとの共演ということで、マキシムの演奏は前半のラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番だけなんだそうです。大阪では第2部のチャイコフスキー交響曲第3番を聞かずに帰っちゃう人もいたみたいで残念。マキシムはアンコールでボヘミアン・ラプソディーを弾いてくれたそうです。
チャイコフスキーのアンコールは白鳥(ルースカヤ!)とくるみだったみたいで楽しみ~♪
11月には再び来日してソロコンサートの予定だって!わ~い。

東芝EMIのマキシム公式サイトNEWSによると、テレビ出演もたくさん予定されているみたいでうれしいな。
■4月12日(火)16:00~
テレビ東京系ネット「レディス4」に生出演、生演奏
■4月12日(火)予定 17:25~
日本テレビ系ネット「ニュースプラス1」エンタメ・コーナーでコンサートやインタビュー(収録)
■5月8日(日)9:00~
テレビ朝日系ネット「題名のない音楽会」とーぜん演奏あり

癒していただきましょう…。ええ。

癒されるといえば、ジャンクSPORTSの浅田姉妹見ました!
いや~、いい子たちですね。真央ちゃんなんて、ほんとこれが世界トップのスケーターか?!と思うほど天然入っててかわいい。二人ともずっと仲良く競い合っててください~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月10日 (日)

誰?っていうか、何?(笑)

短い休憩はさんで最後にN.E.R.D.(知らんけど)が現れるといきなりアリーナ総立ち!音楽的にもノリがよく、わたしもあと10歳若ければ一緒に踊ってたかもしれないような曲で、アリーナには紙吹雪が噴水のように噴出し、スタンド脇からは巨大な風船が次々現れて客席をリレーされていくという楽しい演出で、もうすっかり目が覚めた。でもすみません、このグループまったく知らないんですけど(笑)人気あるんですね~。<これだからおばさんは
黒人ボーカルが4~5曲歌って踊って、何か英語でしゃべってましたがよくわかりませんでした(笑)えーとそれでちょっと気になったのは、最近ピースサインって2本指を広げないんですか?それじゃ愛の誓いだって(違)
このコンサートはこういう趣旨らしいです。よくわかってなくて、とりあえず中島美嘉の声が好きなので応募だけしてみたら当たっちゃったので、元来モノ好きだから来てみただけなんですが、まあまあ楽しかったです。こういう値打ちのわからない人をご招待していただいてすみませんね~。

宝箱にアップしておきましたが、サドラーズの危険ページに日本公演中のテレビCM動画がアップされました。字幕もコピーもそのまんまで「当日券あり」って(笑)
1本目はテレビCM最終版、真ん中は朝日放送の動画みたいだけど、字幕は東京公演版。最後の映像はテレビCM第2弾だと思うけどナレーションは真ん中のと一緒みたい?この組み合わせは見た記憶がない。かなりがんばって網はって11本のCMをキャッチしたんだけど、実はもっとあったのね。ちょっと悔しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜が満開。


もうかなり散ってしまったので、明日の雨でもう終わっちゃうかな。↑きれいでしょう?実は去年の桜(笑)、友だちからのいただきものですが、朝焼けか夕焼けかよくわからない光の加減が何ともいえず気に入ってます。(c)myssimo

今日は午後ちょっと眠くなる講演会を聞いて、夜は体調がまあまあだったのでご招待もらったCoachのUNICEFチャリティコンサート"Play for Peace"へ。
プレスリリースによると、東京と名古屋で各2回開催されたみたい。
今日の会場は千駄ヶ谷駅前の東京体育館。そういえばここは再来年のワールド会場ではありませんか。そう思うと突然チェック態勢に。まずはトイレから(笑)1階、2階それぞれ左右に2か所、各14室(という数え方でいいのだろうか?)で、今日は男子トイレも特別女子用に。3階まで客席はほぼ満席でしたがそんなに並ばずストレスなく利用できました。ワールドでもこのくらいお客さん入るといいな。
代々木よりややコンパクトかな?舞台は東側にセットされ、客席はアリーナと南北スタンド(2階+3階)、西側に(もちろん今日は使われてないけど)採点なんかが表示される電光掲示板が。
開演前にこの公演のみ販売というTシャツを購入するため、長い列ができる。ちょっとかわいいデザインだったので値段によっては買ってもいいかなと思ったけど、4000円~6000円と聞いてやめた。考えてみたらこのコンサート基本的に無料ご招待なので、チャリティに貢献するとしたらこのTシャツ買うしかなかったのに、わたしは何しに行ったんでしょう。
司会はジョン・ウィリアムス(作曲家じゃなくて若いイケメン(笑)でした)。中島美嘉が3曲、マンディ・ムーア(誰?)が5曲歌ってここまでは思ったよりおとなしめだったため、ちょっと疲れが出たか少しうとうとしかけたら、、、(をい)

はみ出したので続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 9日 (土)

もうひとりのマシュー

といえば、マシュー・ハートですが、このたびマシュー・ハートがDaniさんの殿堂入りを果たしました~!(パチパチパチ!)
ちなみに入り口はこちらです~。
貴重な写真と情報が満載。特にこれからの予定は日本ではなかなか知ることのできない情報なのでうれしいですね♪

兵士つながり(笑)で。ウィル情報続き。
まだNHKから確認のお返事ないんだけど、スタジオパークこれからの予定に来週15日のゲスト情報アップされました。「金曜いちおしトーク」に〝バレエ界の貴公子〟登場!ゲスト:ウィル・ケンプ(バレエダンサー)ということで間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でもね…

今日一番思ったことは、やっぱりマシュー・ボーンすごい!っていう何を今さらな感想でした。
チャイコフスキーのこの音楽をすみからすみまでもれなく使って、しかもそれが全部ぴったり動きと物語に合ってる。最初っからこのマシュー版のために作曲したかと思うほど合ってるんだもの。
友だちともしゃべったけど、降霊術で呼べるものならチャイコフスキー呼んでこの舞台見せたい。
3幕のストレンジャーが女王さまと踊っていて曲調が変わって王子とすちゃっと入れ替わるところなんて、普通版ではずっと王子とオディールのPDDでしょう?本来なら王子が踊るべき相手を女王さまに取られてるから、王子がイライラしながら二人の周りをうろうろしてるなんて、こんな解釈と演出思いついたマシューはほんとに天才と思うわ。
前列でかなりの人がスタオベしてて、わたしは今回は立たなかったんだけど、もしマシューが来てたらマシューのために絶対立ったと思う。マシュー今回は来日しないのかな?ウィルと一緒に来ればいいのに。

幕間にロビーで流されていた白鳥DVD映像を見ながら、アダムについてもいろいろ考えて途中まで書いたんだけど、うまくまとめられなかったのでやめた。
どうも白鳥アダムについて何か考えたり分析しようとしたりすると思考停止状態に陥ってしまう傾向あり。


終演後、都合で一度会社にもどって仕事のメールチェックしてみたら、待ってたメールが届いていなかった。ので結局週明け手配対応に。何のために渋谷からわざわざ引き返したんだか。どっと疲れが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある意味大当たり2

本日の白鳥ソワレ、念願のホセ・スワン+クリス王子!でした。
2回見てどっちも定番外すって、ある意味貴重?
ガールフレンドは前回と同じリー・ダニエルズだけど、女王さまはニコラ・トゥラナ、執事はピーター・ファーネスとほとんど総とっかえキャストでうれしかった~。
ホセ・ティラードはどうもまだ調子悪いのではないかな?2幕かなりぐらついたりタイミング合わなかったり、見てる方がハラハラ。でも3幕ストレンジャーはよかったです。最初のソロが始まるとはっと目を引かれました。インタビュー動画で見たときも思ったけど、大きくて力強くて確かにアダムを思い起こされる雰囲気はある。でも…。当たり前だけどアダムじゃない。そんな風に考えさせられちゃう分不利かな。ジェイソンはまったく思い出させなかったからね。身体のラインや動きの流れもジェイソンの方が好きかもしれない。う~ん、残念。ホセ完全復活の踊りを見てみたい。
クリス王子はかなり気に入りました。甘えん坊さんでかわいい王子、女王さまとの相性も良かったような。お母さんのこと大好きで尊敬もしているし誇らしく自慢に思っているのがわかる。
ニコラ・トゥラナの女王さまは、オクサナ・パンチェンコよりも表情豊かに感情表現しているようでした。まだ幼年時代の王子のベッドで熱をみるように額に手を当てるところも今までの女王様は形式的でおざなりだったのに、本気で心配している風だったし、王子の部屋を訪れてしょぼくれた王子の肩に手を伸ばす(でも決して触れない)ところも本当は心から愛しているのに距離を測りかねている微妙な心理をよく表してた。最後に王子の死を嘆くところも大袈裟すぎず、変な言い方かもしれないけど自然な慟哭でした。(うそっぽくないという意味で)
わたしはいつも王子と女王様の関係につい注目してしまうのだけど、今日の組み合わせは今まで見た中で一番リアルで自然に受け入れられたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 8日 (金)

そしてメールボックス開けたら

白鳥の得チケ、4/13(水)~4/17(日)までの8公演についても追加販売決定というイープラスからのお知らせ。こちらの分は明日の10時からだそうで。明日のチケット買った直後に言わないで~。無理するんじゃなかった…。
もうひとつ目を疑ったのが、、、
同じくイープラスのオンラインショップアダム「危険な関係」公式グッズ販売開始。
Tシャツはベストセラーの4位だって。ほんとに??<なぜ疑う?

とりとめのない情報の羅列。

プリンスアイスワールド公式サイトの情報によると、今度のゲスト予定されていた安藤美姫ちゃんが降板で、代わりに浅田真央ちゃんが登場!やった~。といってもチケットは最終日しか指定取ってないけど。自由席でもう少し見る予定。

昨日丸ビルに電話で確認したときは、告知の予定がないようなこと言われた「シルフィード・カフェ」(やっぱり!)のイベントご案内が出ました。
場所は丸ビル1階のカフェイーズ
整理券は朝7時半から先着40名様って…。東京タワー・イベントと同じくらい狭き門ではないですか。
スタジオパークの予定にもまだ名前がないけど、ただいま確認問い合わせ中です。観覧は無料ですが、こちらも先着30名様。
ま、ファンが殺到して行列ができるくらい人気なら、ウィルやマシューはうれしいだろうけど。
参戦したいところですが、なんでみんなウィークデイなのよ~。
なぜか公式サイト開けません。メンテ中?

日記ネタも。
ルドルフのお使いのついでにダヴィンチ5月号「舞姫」だけ立ち読み。千花ちゃん、がんばって~(祈)、六花ちゃんはここが正念場だっ!あ、ちゃんと7巻も買ってますから~。「トゥオネラの白鳥」と聞いて水野英子を思い出す人(自分)は希少?

関節痛もひどいのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もまだ絶不調

この頭痛はOCR作業で眼を酷使してるからなのか?
ただの風邪であってほしいのですが。
帰りに通りかかった薬局の前に「花粉症でない方にもマスクをお勧め!スギ花粉の次はヒノキ花粉がやってきます!」って。もぉ~、勘弁してください(泣)

ルドルフに頼まれたコナン49巻とデスノート6巻を購入して帰宅すると、アイスクリスタルから今年のDreamOnIce予定とチケット先行予約のお知らせが届いてた。
とりあえず公演についてご案内しときます。

Road To Torino Dream On Ice 2005
~フィギュアスケート日本代表エキシビション~
日程:2005年6月25日(土)18:30~
2005年6月26日(日)11:30~ 15:30~
(計3公演)
会場:新横浜プリンスホテル・スケートセンター
入場料金:スーパーアリーナ席 17000円<高!
アリーナ席 15000円
S席 10000円
A席 8000円
B席 5000円
チケット発売:2005年4月23日(土) キョードー東京他

出場予定:高橋大輔、本田武史(!)、中庭健介、織田信成、南里康晴、岸本一美、柴田嶺、小塚崇彦、荒川静香、安藤美姫、村主章枝、恩田美栄、中野友加里、太田由希奈、澤田亜紀、浅田真央、北村明子、浅田舞(!)、武田奈也、渡部心&木戸章之、都築奈加子&宮本賢二、(あれ?悠子ちゃんたちは?)東京女子体育大学クラブ(シンクロ)
特別招待選手:エフゲニー・プルシェンコ(だ、だいじょうぶですか??)
※交渉中:ステファン・ランビエール、カロリーナ・コストナー(おぉ、何だこの組み合わせ? ^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 7日 (木)

忘れないうちにメモ

JSPORTSのワールド放映予定初回のみ。
やっぱり女子の第2部は2時間半になってました。
JSPORTS2です。お間違えなく。

J SPORTS 2 04/19 16:00~19:00 2005 世界選手権 アイスダンス(1)
J SPORTS 2 04/19 19:00~22:00 2005 世界選手権 アイスダンス(2)

J SPORTS 2 04/20 17:30~19:30 2005 世界選手権 ペア(1)
J SPORTS 2 04/20 19:30~22:00 2005 世界選手権 ペア(2)

J SPORTS 2 04/21 17:30~19:30 2005 世界選手権 男子シングル(1)
J SPORTS 2 04/21 19:30~22:00 2005 世界選手権 男子シングル(2)

J SPORTS 2 04/22 18:00~20:00 2005 世界選手権 女子シングル(1)
J SPORTS 2 04/22 20:00~22:30 2005 世界選手権 女子シングル(2)

J SPORTS 2 04/23 17:30~19:00 2005 世界選手権 エキシビジョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むちゃくちゃ調子悪いです

のどが痛かったり咳が出るのも花粉症って聞いたんですが、ほんと??まさに今の症状がそのまんま。鼻水止まらず。
今日もダメ(何が?)かも。

帰ったらチャリティ・コンサートご招待のチケット、というかチケット引き換え券が届いていた。
バレエ、映画、ときて続けて大当たり。宝くじ買っといて、とルドルフ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 6日 (水)

あんまり役に立たない

さっきメルマガ届いたので。
ミュージカルメリー・ポピンズのCD発売を記念して本日午後1時(ロンドン時間)HMV店頭にて主演のお二人のサイン会があるそうです。
って、今ごろお知らせもらっても現地の方でももう間に合わないよね!いくら時差があるったってね…。

MARY POPPINS CAST SIGN NEW RECORDING AT HMV!

Laura Michelle Kelly and Gavin Lee will be signing copies
of the cast recording CD today, (Wednesday 6th April)
at 1pm at the HMV in the Trocadero Centre, Coventry Street, W

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうひとつお願い

フレンズ公式サイトのダニさんからのお願いです。「愛と幻想のシルフィード」プロモのため来週来日するウィル・ケンプのスケジュールがアップされてますが、各イベントに参加された方の写真やレポを募集しています。
東京タワーのイベントは参加者が限られるし、写真撮影がOKかどうかもわからないのですが、もしもいらっしゃる方がおられましたら、ダニさんに直接でもいいし、わたしのところ(ito-mitori@nifty.ne.jp)にでもいいのでご連絡ください。
ウィル、スタジオパークにも出演するんですね。楽しみ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本格的に風邪らしい

関西テレビ(KTV)で明日「プリンセス・ストーリー 安藤美姫・夢はトリノで」(04/07 深00:35~深01:35)という特番が放映されるようですが(情報ありがとう~)3月にフジで放映されたこれと一緒かな?チェックした記憶はあるけどちゃんと見てなかったかも。後で録画をチェックせねば。

お知らせついでに。
サドラーズからお知らせあったので、ギエム&バレエボーイズ公演ページ行ってみたら、ギャラリーに新しい写真アップされてました。「Two」のシルヴィかっこえ~。

来週初めて行くサントリー・ホールの下調べと思ってチェックしてたら、これ読んでびっくり。え゛、風琴ってオルガンなんですか?ずっと何か違う楽器のことだと思ってました。辞書引いてみたら、あら本当だ。
マクドナルドの「北風の後ろの国へ」で妹の名前がダルシマっていうんだけど、それが風琴のことだって書いてあったので、何か全然別のロマンチックなイメージ持ってました。
ちょっと検索してみた限りではダルシマって弦楽器みたいですが??チェンバロみたいな音色とかって?ハンマー・ダルシマっていうのもあるらしい。
う~む、わたしの風琴は弦楽器だったので、本物のダルシマに近いけど。30年近く勘違いしてたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとだけはみだしメモ

バレエの祭典新シーズンの詳細が出ました。
うーむ、毎度ながら豪華ラインナップだけど、特にパリオペ・ファンにはうれしい演目とキャストですな。個人的に興味があるのはシュトゥッツガルトのオネーギンとロミジュリ、ボリショイのファラオの娘は見たいな~。ギエム最後のボレロっていうのはほんとに最後なんだろうか?本当なら見ておかなければ。という気にさせるのが作戦か?
でも何回見ても初めて見たときの衝撃にはかなわないけど。

いかん、頭がぼ~っとしてきた。寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ものすごいいきおいで

鼻水が流れてるんですけど。
のどの痛みはやや緩和。
今日も一日OCRにはまる。ソースネクストの本格読取はかなり使える。ただし日本語限定。英語ならメディアドライブのe-typistが超オススメ。でも韓国語はダメ。どれも一長一短なのよね。これ一本で!というソフトが出たら即買いなのだが。

Bunkamuraの白鳥キャスト・インタビューにホセとニールが追加されました。このホセのインタビューは日曜日はなぜかこっちにアップされていたので一足お先にチェックしてただけど、彼のスワン解釈はわたしのイメージにかなり近い。特に2幕のスワンは現実だってところ、そして4幕のスワンは「得ようと思って得られなかったもの、失ったものの象徴」(正確ではない)だってところ。ホセのスワン見たいよ~。
と、叫んでいたらフレンズのニュースレターが届いてた。
まだちゃんと読めてないけどホセのインタビューが1ページ。デビッド・リース(白鳥さん)のBunkamura便りによると、日本までの飛行機は乗り継ぎで20時間?!直行便の予算ないのか…?白鳥初日前に神道式のお祓い?をしたらしい。ホラー系でもないのになぜ?
それよりぶっとんだのが、フレンズのオークションで舞台出演の権利を落札したというある方の写真。えー、この前会った時にはそんなこと言ってなかったのに(笑)いいなぁ、3幕のロイヤル・ウォッチャーの一人になってユニオンジャック振ってるだけならわたしにもできそうだし。楽しそう~♪
その他ハイランドフリングの記事、くるみ米国公演の記事、オクサナ・パンチェンコのインタビュー、etc. あ、後で読みます。鼻が、鼻が…。声も変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 5日 (火)

のど痛い

風邪かな?
ついにカラス口マスク着用。
だるいので早く帰りたかったのに、データの差し替えと月末処理で一日バタバタ。

31日発売のWeeklyぴあで「あなただけおいしいご招待」はウィル・ケンプと東京タワーでデートしませんか?(爆)
応募は7日まで、雑誌掲載のキーワードが必要です。
この写真はきれいだな~。と、またすぐプリント(笑)

うちのデフォルト・チャンネル、フジを付けっぱなしにしてたら、おぉっ、「やっぱり猫が好き」なんか始まってるし?!びっくり!でもうれしい!

愛知万博記念?UZME公演の情報探していたら、手塚真さんの公式サイト発見。もう昨年の夏から企画あったんですね。フィールドワークでしっかり天岩戸も訪ねている。
ちなみにUZMEについて書いているのはこちらです。ちょっと探しにくいかもしれないので。
手塚治虫の息子だということはいろんな意味で活動に影響を与えているとは思うけれど、「マコとルミとチィ」の中でホラー映像に敏感な子どもとして描かれていたエピソードそのまま、ビジュアリストとして活動できてるのはすごいことだと思う。サイト内をふらふらと彷徨っていたら、あらま、テレビアニメ版のブラックジャックの監督や浦沢直樹「PLUTO」の監修もこの方だったのね。ふうん、ピナ・バウシュ好きだったんだ~。等等いろいろな発見が。ドラキュラ映画撮りたいって、そりゃもうアダムでどうぞ~(笑)
わたしが精神的な父としている手塚治虫の息子さん(義理の兄弟かしら(笑))とルジさんが組むとどんな舞台になるんでしょう?昨年に引き続き笠井さんとのコラボ、そして名前しか知らないけど白河直子さん、新上裕也さん、麻実れいさんといった面々との顔合わせはゾクゾクするほど楽しみなのです。

しかしここはなぜか2004年のデータのまま。更新は?
って書いたら更新されてるし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルドルフの謎

一昨日の土曜日、「せっかく最終回だから見れば?」というルドルフのお勧めに従い、「天国の階段」見てしまった。
………。すみません、ずっと笑い転げてました。
目が見えなくなったチョンソのため角膜を提供しようとお兄ちゃん(テファ)自殺してたんだ。笑うところじゃないだろうけど、そのストーリーの陳腐さに二人で爆笑。
それにしてもこんなの見てたの?と聞くと「別に」としらばっくれるルドルフ。どういう趣味してるんだ?

カラープリントにはまってたら、「マツケンもプリントして」は~??何に使うのか絶対言わない。
ネットで画像探して1枚プリントしてあげたら不思議な微笑。謎だ~。

本日発売のAERA表紙はマチュー・ガニオ。
この前テレビで見たラシルはイマイチだったのだけど、眼のきれいな子(爆)ですね。本屋で見て思わずふらふら~っと吸い寄せられましたです。
あー、でもわたし基本的に面食いじゃないんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 4日 (月)

ぎっしり

お昼は、息子さんがこの春都内の大学に進学するので準備のため九州から上京した古い友人を囲んでランチ。大国魂神社で待ち合わせしたんだけど、しだれ桜がきれいだった。昨日は寒くてつぼみも引っ込みそうだったのに、今日は一転いい天気。暖かいというより暑いくらい。
午後はアダム・ロスな仲間たちと集いお茶会、夜は少しメンバー変えて宴会。と言ってもわたしは飲まなかったけど。
お酒が飲めないって、予想以上につまらない。以前普通に飲めてた時は、自分はお酒飲みのリラックスした雰囲気が好きなのでお酒そのものが好きなわけじゃない、と思っていたんだけど、いざ飲めなくなってみたら、なんだかすごく寂しい。もしかして人生の楽しみの3分の1くらい減っちゃったんじゃないかっていうくらい寂しい。おいしいお酒飲みたい…(泣)
それはともかくやっぱりアダム話、白鳥話は尽きず延々7時間以上(笑)楽しかったけどさすがにちょっと疲れました。帰りは雨に濡れてびしょびしょ。今朝から痛みがあったのどの具合もよくないのでもう寝ます。
メールのお返事とか遅れてる方ごめんなさい。

これだけお知らせ。
フジ、ジャンクSPORTS次回予告によると、4月10日放映分に浅田姉妹が出演するようです。ちょっと楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 3日 (日)

あらら

ネタはいくつか用意していたのですが、一日DVDの整理と写真整理にはまって気がついたらこんな時間に。
明日、っていうか今日ですが、お昼と午後と夜とそれぞれ予定があるのでもう切り上げないと。
写真は、うちのプリンターでも写真や画像を扱うソフトを使っていろいろな印刷ができることがわかって、いろんなレイアウトや背景、イラストなど試しているうちに夢中に。小さすぎて写真屋で焼いてもらえない画像なんかも自分でプリントできると、なんだかうれしい。

ひとつだけ。
これまだ書いてなかったような。
ワールド期間中、現地からホットな話題を時には鋭い視点で、時には暖かい眼差しで届けてくれたニフティ特設サイトが、今後もトリノ五輪までフィギュア・サイトとして継続だそうです。うれしいですね。
さっそく浅田舞ちゃんのモデル転身?について取材記事(泣きました)、新横プリンススケートフェスティバルのレポート、安藤美姫ちゃん始球式の話題など続々。これからも楽しみにしてますのでよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

白鳥アメリカ再上陸

New Adventures公式サイトのニュースによると、「白鳥の湖」米国公演がついに実現するようです。2006年1月からTempe, Minneapolis, Denver, Chicago, Detroit, San Francisco, Philadelphia, Los Angeles, Toronto その他の都市を回る予定。ん?トロントってカナダじゃなかったっけ?とするとカナダでは初演ということになりますね。とにかくすごい。北米のファンにとっては待ちに待った公演ということになるでしょう。おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語完全征服

当たらない当たらないと文句言ってたら、当たりました。試写会。
韓国映画初体験です。
いやもう、笑った笑った。バカウケ。
なんでみんな笑わないの?っていうところまで笑いすぎて、回りからちょっと振り向かれたりしましたが(笑)
それぞれの事情を抱えて英会話スクールにやってきた生徒たちの設定が一人一人おもしろいし、主人公のビン底メガネの冴えない公務員の女の子と口のうまい靴屋の店員のやりとりはマンガっぽくて笑えたり泣けたり。いや、まさしくマンガというか、アクションゲームみたいな映像もあった。
しかし何が可笑しいって、日本人も身につまされる英語コンプレックス。
英会話スクールは行列ができるほど繁盛しているし。なんとなく韓国人の方が日本人より英語できそうなイメージがあったんだけど、これ見るかぎりではたいして変わらない感じ。
一番笑えたのは、ちょっとネタバレになってしまうけど、夢にまで出てくるレベルチェック。
好きな映画は?と英語で聞かれ、ムービーだけはかろうじてわかった主人公、自信たっぷりに「ぜろぜろせぶん!」ダブルオーセブンと言い直されつつも「James Bond?」に「Ye~s!!」とこれでパスかと思いきや、「Why?」とツッコまれあえなく撃沈(笑)
わかりますよ~、単語レベルではかろうじて受け答えできても、ちょっとした説明しようと思ったらもうアウトなの。
一緒に見た韓国ドラマ大好きな友だちが言うには、主人公の女の子(イ・ナヨン)は初めて見たけど相手役のチャン・ヒョクはもちろん、脇役も含めて韓国映画やドラマではおなじみのキャストなんだそうだ。
でも韓流ファンじゃないわたしでもかなり楽しめたので結構オススメです。
開映前に30分くらいデーブ・スペクターの英会話ワンポイントレッスンがあるというふれ込みだったけど、英会話にはあまり関係ないダジャレで終わりました(笑)

会場のヤマハホールまで銀座通りを歩いたら、松坂屋のショウウィンドウに危険公演劇場に展示されていたのと同じアダムとサラのDAKSのパネル写真がありました。すでに懐かしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 1日 (金)

エイプリルフール・ネタなので

今日しか見られないかも?
Yahoo!JAPANトップページ、お知らせのから「実録 サービスを支えるスタッフたち」ファイル2を見て、う~ん、シャレにならんかも~と思う。マインドバランサー・ロボットほしいっす。
ちなみにこのロボットを作っているのはこんな会社。この2製品が何をするロボットなのかイマイチよくわからんけど。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月です。

桜も咲いて暖かくなりました。
夕べは気がついたら広いフロアにただひとり。
まだ9時過ぎなのに。いつもなら11時過ぎまで(時には朝まで)誰かいるんですが。
部長の送別会第2弾とかでみんな早々と帰ったらしい。
しょうがないんで久しぶりにカギかけて退出。

それにしても。
わたしはいつも最後から2番目のとき必ず最後の人に声かけていくのよ。だって、自分が最後だと思わないでカギかけずに出ちゃったら困るじゃない?カギ持ってない人が最後になっても困るし。
実際それで警備会社から苦情が来たこともある。
でも昨日は誰も声かけてくれなかった。
最後になること自体が何年ぶりかって感じなのでわからないけど、たぶん他の人たちはそういうことしないのね。それって人間としてどうなの?

なんか疲れたので、帰宅してすぐ寝たからお知らせするの忘れてごめんなさい。
今朝の生活ほっとモーニング、カルチャーかわら版でマシュー・ボーン「白鳥の湖」の紹介がありました。舞台映像(ジェイソン+クリス、ジェイソン+首藤)と首藤さんのコメント。
あと、時間がなくてチェックできなかったんだけど、熊川哲也さんの「白鳥の湖」の紹介もあったみたいです。番組サイトの「今日の放送内容」ご覧下さい。
しかし「問題な日本語」の紹介したアナウンサー、「~になります」を例にあげておいて、自分自身が「なります」連発して男性キャスターからツッコミが入りました(笑)2度目以降は無視されてましたが。
「白鳥」といえば、神戸公演が追加になったそうで。

日程:2005年5月3日(火・祝)4日(水・祝)
会場:神戸国際会館こくさいホール
(生オーケストラ付き!)
チケット発売:4/9(土)10:00~
お問合せ:キョードー大阪 06-6233-8888


イープラスの情報によると、演奏は、指揮:フィリップ・エリス 演奏:オペラハウス管弦楽団だそうで東京とは違うんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年5月 »