« そしてメールボックス開けたら | トップページ | でもね… »

2005年4月 9日 (土)

ある意味大当たり2

本日の白鳥ソワレ、念願のホセ・スワン+クリス王子!でした。
2回見てどっちも定番外すって、ある意味貴重?
ガールフレンドは前回と同じリー・ダニエルズだけど、女王さまはニコラ・トゥラナ、執事はピーター・ファーネスとほとんど総とっかえキャストでうれしかった~。
ホセ・ティラードはどうもまだ調子悪いのではないかな?2幕かなりぐらついたりタイミング合わなかったり、見てる方がハラハラ。でも3幕ストレンジャーはよかったです。最初のソロが始まるとはっと目を引かれました。インタビュー動画で見たときも思ったけど、大きくて力強くて確かにアダムを思い起こされる雰囲気はある。でも…。当たり前だけどアダムじゃない。そんな風に考えさせられちゃう分不利かな。ジェイソンはまったく思い出させなかったからね。身体のラインや動きの流れもジェイソンの方が好きかもしれない。う~ん、残念。ホセ完全復活の踊りを見てみたい。
クリス王子はかなり気に入りました。甘えん坊さんでかわいい王子、女王さまとの相性も良かったような。お母さんのこと大好きで尊敬もしているし誇らしく自慢に思っているのがわかる。
ニコラ・トゥラナの女王さまは、オクサナ・パンチェンコよりも表情豊かに感情表現しているようでした。まだ幼年時代の王子のベッドで熱をみるように額に手を当てるところも今までの女王様は形式的でおざなりだったのに、本気で心配している風だったし、王子の部屋を訪れてしょぼくれた王子の肩に手を伸ばす(でも決して触れない)ところも本当は心から愛しているのに距離を測りかねている微妙な心理をよく表してた。最後に王子の死を嘆くところも大袈裟すぎず、変な言い方かもしれないけど自然な慟哭でした。(うそっぽくないという意味で)
わたしはいつも王子と女王様の関係につい注目してしまうのだけど、今日の組み合わせは今まで見た中で一番リアルで自然に受け入れられたような気がする。

|

« そしてメールボックス開けたら | トップページ | でもね… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある意味大当たり2:

« そしてメールボックス開けたら | トップページ | でもね… »