« 昨日もらったチラシから | トップページ | JICメモその2 »

2005年10月 3日 (月)

JICメモその1

滑走順に簡単コメント。テレビ放映参考にしないで見ながら書いたメモと記憶、ざっとした印象だけです。あくまでもわたしが見た印象なので、ご異論のある方もいらっしゃるでしょうが悪しからず。

1. 本田武史
髪の毛を明るい色に染めたらしく、遠目には別人かと。曲はトスカ。良いプログラムですが、まだあんまり滑り込んでないのかな?せっかく武史向き?のドラマチックな曲の盛り上がりパート、ストレートライン・ステップでも高揚感なし。惜しい~。ジャンプは3アクセル+2トウループといくつかのトリプルジャンプは決まったけどやや不調。でも久々に滑る元気な姿を見られてよかった。

2. ジョニー・ウィアー
黒に銀と水色の帯状の模様の衣装でマキシム・メドレー。3トウ、3アクセル、3Fでちょっと手をついて次のアクセルはすっぽ抜け。でもその後コンボも決めてジャンプはまあまあ。ランディングの美しさは相変わらずでため息もの。残念ながら音楽の乗り方がイマイチ。その音楽もなんだか間延びした感じで、編集が悪いのかな?せっかくマキシム+ジョニーくんで「新しい」「力強い」面が見られると思ったんだけどな。
でもワールド・プレミアの新プログラムと美しいスケーティングを見られて満足。
ものすごい数のお花が投げ込まれる。今日の一番人気かも(笑)キスクラではカメラに向って「アリガト」って言ってたような?プーさんにお花を持たせたり、時計を見るしぐさ(ジャッジ・スコアがなかなか出なかった)したり、客席にも手をふったりサービス満点(笑)


(早くもはみ出したので、続く)

|

« 昨日もらったチラシから | トップページ | JICメモその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JICメモその1:

« 昨日もらったチラシから | トップページ | JICメモその2 »