« 遅い!!!2 | トップページ | 武史がキャンベル優勝! »

2005年10月 9日 (日)

昨日の続き

途中休憩しながら一通り見終わったのが12時頃。
うん、やっぱりわたしこれ好きだわ、むちゃくちゃ。今さらですが。
なんでこれ買うのに迷ったんだっけ?と思うくらい満足満足。
隠しボタンもみつけましたよ。2か所。笑いました。ほんとの舞台裏。
続いてコメンタリーと思ったけど、お楽しみはもうちょっと先のばしに。といっても今日見ちゃうんだろうなー(笑)

DVDは音声がどうも調整しきれてない感じで、普通の音量だとセリフがよく聞こえないし大きくすると時々いきなりボリュームが上がってびっくりして下げる、みたいな繰り返し。
でも基本的には普段の倍くらいに設定しないと普通に聞こえない。

ちょっと意外だったのは、劇場で見たときには少し違和感のあった、寿庵が「自由の戦士」宣言する場面(♪お待ちしてまーした、四郎さまー)でどっと泣けたこと。初めのうち、高橋由美子のかすかなアイドル歌唱の名残が気になるのと、何より「かわいすぎる」容姿が災いして四郎の戦友かつ有能な参謀には見えなかったんだよね。でも今改めて見ると、伴天連絵師だった父親の文化人的な気質を受け継ぎ、自らも父と同じ絵師の道を歩む寿庵の、自由を愛し守るために命をかける思いがストレートに伝わってきてぐっときてしまった。

劇場版のエンドロールでは山本タカトのイラスト(これ大好き)が使われていましたが、DVD版ではカーテンコール映像が上半分、下にクレジットでした。
特典映像の方に入ったからなのか、千秋楽映像は投げキッスのところだけ。ゲキシネと同じでもよかったのに。
それからトーゼンながら上映前後の中川くんのご挨拶(;-)は入ってないですね。

2幕に入る前に、広島にいる古いSF友だちから突然20年以上ぶり?の電話がかかってきたりしてひとしきり近況(20年分)報告だの最近おもしろかったものについて語り合って1時間、スターウォーズ話で盛り上がる。わたしの世代のSFファンではやはりこれ、基本らしい。
ルドルフ、DVDの大音量には耐えて文句も言わなかったのに、電話が始まったらトイレに避難してしまった。ごめんよ~。わたし、電話の声でかいらしいんだよね。
でもさー、「マリアお蜜、、もったいないよ」で目の幅涙流してるわたしに平然と「コーヒー(飲みたい)」って声かけないでよ~。ええ、もちろん最後まで見終わるまで待っていただきました。

|

« 遅い!!!2 | トップページ | 武史がキャンベル優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き:

« 遅い!!!2 | トップページ | 武史がキャンベル優勝! »