« 濃厚な空気と濃密な時間 | トップページ | 090909 »

2005年10月24日 (月)

おまけ

青山通りで。おいしそうですが残念ながら作り物。



さて、スペインな夜、後半は歌曲です。
池田香織さんはトークも楽しくて、曲の説明では「歌詞はたいしたこと言ってなくて、♪踊り踊るならちょいと東京音頭、みたいなノリで」とか「市場で売り物の織物にシミがついてしまった。これじゃ高く売れねえぜ、とか」笑いを取ったその後で、それはもう圧倒的な声量と迫力で歌うその歌は全然東京音頭じゃなかったですよ。市場の商人の嘆き(笑)から、棺おけの中の死んだ恋人への想いまで、様々な感情を表現力豊かに歌い上げてくれました。
ちなみに曲名とともに池田さんご自身の翻訳による歌詞が書かれた小冊子が配られてました。訳詩のセンスも素晴らしい。(スペイン語わかんないけど)
また素人くさい感想かもしれないけど、大きな声ってまっすぐぶつかられるとちょっと痛いことがあるじゃないですか?それがとっても心地よくて、ああ、やっぱり人の声っていいなぁ、って。
わたし音楽は全体的にわからないしクラシックをよいものと認識し始めたのはわりと最近なんだけど、「歌」だけはずっと好きだったのですよ。聞くのも歌うのも。
それでもレコードやCD買うところまではなかなか行かないんですけどね。

「スパニッシュ」といえばフラメンコとかカルメンとかアランフェス(笑)とか、ちょっぴり哀愁とメランコリックな情熱を秘めた曲調しか思い浮かばない、貧困な知識しかないわたしには、今日のピアノも歌もとても新鮮な体験でした。人の感情をこんな風に表現できるってすごい。曲も演奏もね。

終演後は渋谷に出てアダム友だちと、会えない寂しさの逆恨み半分(笑)暴言のかぎりを尽くして、ああ、すっきり。
しかしナンですな。誰とは言いませんが、才能のあるダンサーとか才能のあるシンガーとか、ただ踊ったり歌ったりするだけじゃ飽き足らなくて、舞台全体を支配したくなるのは自然の成り行きなのでしょうか?演じ手としての才能と舞台造りの才能は別物だと思うのですが。以下自己規制。

|

« 濃厚な空気と濃密な時間 | トップページ | 090909 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おまけ:

« 濃厚な空気と濃密な時間 | トップページ | 090909 »