« やばいよ、大ちゃん | トップページ | すみません »

2005年10月29日 (土)

もう一人のSHIROHの運命は?

本日発売の月刊フラワーズ12月号、取り急ぎ「AMAKUSA1637」からチェック。今月は細川藩が夏月@四郎に陥落。(変な意味ではありません)ついに反乱軍は10万人規模にふくれあがり、小倉を目指します。求めるものは「自由」、倒すべき敵は「幕府」であることが明確に。勝てる、勝って自由になって生きのびる。そう信じた瞬間目にしたものは…?いや~ん、この終わり方きついわ。SHIROHにだぶって見えた。
ああ、続き見るまでまた1ヶ月待たなくちゃいけないのか。

その他の読書傾向:
スペンサー・シリーズ「沈黙」ロバート・パーカー(ハヤカワNV)
「青空チェリー」豊島ミホ(新潮文庫)
「プラナリア」山本文緒(文春文庫)
いろいろ言いたいことありますが、目があかないのでまた後ほどまとめます。

ごめん、本体更新ネタはまだ処理が終わってません。明日は1日出かけるので、また日曜日にでも。

|

« やばいよ、大ちゃん | トップページ | すみません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう一人のSHIROHの運命は?:

« やばいよ、大ちゃん | トップページ | すみません »