« 今度はアイスダンス | トップページ | 明日開幕するのはN杯だけじゃない。 »

2005年12月 1日 (木)

AMAKUSAの四郎

たぶんこのネタもう誰もついてきてくれてないと思うけど(笑)乗りかかった船なので最終回まで報告します!
FLOWERS1月号、AMAKUSA1637。先月号で破竹の勢いの切支丹軍の前に現れた葵の御紋。これはついに家光のおでましか?!と思わせておいて、実は松平忠直さま復活!でした。ここで出すために船沈めて死だことにしといたのか(笑)
向うところ敵なしの一揆軍ですが、篭城する小倉城を前に四郎(夏月)は「立場が変わっただけであの城が3万人死んだ原城に見える」と総攻撃をためらう。「殺したくない」その優しさが仇にならなければいいのだけど。
なんつってる間に細川に続き島津(薩摩藩)も忠直と四郎側に寝返ってるし。もう~、むちゃくちゃ。
そして今度こそ家光出てきそうです!最後の戦い?どうなっちゃうの?ああ、心配だ。次号は12月28日発売。

赤石さんの公式サイトで日記を見るとものすごい観劇数なのでもしかしたらSHIROHもご覧になってるんじゃないかなー?と思ったんだけど、なぜかちょうどそのへんの日記のログがない!なぜだ?!アダムの「危険な関係」は見てくれててOYTより好き、ってことはOYTも見ていただけたんですね~。(そのログもないけど)ありがとうございます~。<なんであんたが
モーツァルト!は初演をご覧になってて、Wキャストどちらもよかったって書いてるけどどっちかっていうと井上くんがお気に入りのようです。

|

« 今度はアイスダンス | トップページ | 明日開幕するのはN杯だけじゃない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AMAKUSAの四郎:

« 今度はアイスダンス | トップページ | 明日開幕するのはN杯だけじゃない。 »