« NHK日和 | トップページ | 初回を見た感想。 »

2005年12月 3日 (土)

内助の功

わたしには一生無縁な言葉(爆)
大阪でN杯中だってのに現地にも行かず、なぜかNHK放送センターにいる自分。しかも会社早退して。
来年のNHK大河ドラマ「功名が辻」のモニター会(このネーミング冴えないなぁ。映画ならプレミア試写会とでも呼ばれるのに)に当選したので行ってきました。

こういう企画、NHKドラマでは初めてだそうです。
先着28名+抽選で10組20名=48名の御招待というのでかなり狭き門と思ったのですが、運良く入れました。今日はスタジオ収録があるというので少し早めに行ってみましたが、残念ながら上川四郎様(だから違)の登場はありませんでした。
スタジオ内見学コースぐるっと一回りしたら、ハイビジョンの大型画面にちょうど美姫ちゃんの練習風景が映し出されてるところでした。
集合場所に着くとまだ全員そろわないということでちょっと待つように言われたので、今のうちお手洗いをすませようと場所を尋ねると、ご丁寧に案内してくれました。トイレのマークが見えたところでお礼を言って失礼しようとしたら「迷いやすいのでこちらでお待ちしてます」って待たれてしまった!女子トイレの前で!男性スタッフだよ!
う~ん、親切だし「皆さまのNHK」目指して、ただいま名誉挽回中なのはわかるけど、ちょっと方向が間違ってるような気が。実はこれ、終了後にもやられました(笑)

そしてご案内された試写室は、大きなスクリーンを備えた小さな劇場ほどもあるりっぱなお部屋でした。観客は一般から50名ほど、司会進行役のプロデューサーさん(今回のではなく新撰組!の担当だったそうです)、プロモ用撮影カメラマン他数名のスタッフ。
到着順に着席したんですが、ちょうどど真ん中正面の席になってラッキー♪
簡単な番組の説明に続き、第一回60分の上映、その後出演者からゲストとして前田吟さんが登場、司会のプロデューサーとトーク、会場からの質疑応答でおしまい。
今度の大河、主人公は内助の功の代名詞「山内一豊の妻」千代(仲間由紀恵)です。といっても夫の出世のため夫唱婦随がテーマなので上川さんも一緒に登場する場面が多いはず。
これは先月、プレス向け?試写会の様子。

|

« NHK日和 | トップページ | 初回を見た感想。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内助の功:

« NHK日和 | トップページ | 初回を見た感想。 »